HB Gallery

Blog

8月2016

ヤマダユウ個展「Iconic things」

今週の作家さんはヤマダユウさんです。HBでは初めての個展となります。
今年のTIS公募で金賞を受賞された注目の若手作家さんです。ヤマダさんのフィルターを通して描かれた、身近なモノやカタチ。汚しや削り線など原画ならではのマチエールが魅力です。ぜひお越しくださいませ!

 

 

大学時代は油画を描いていたヤマダさん。今とは全く違うタッチで、主に人物画など100号〜200号サイズで制作していたとのこと。卒業後はさらに4年間、学内のアトリエを借りて油画を制作する日々が続いたそうです。
その後、作業スペースがなくなってしまい、自宅でもなにか描きたいと思い始めたのがきっかけで、紙媒体へシフトチェンジ。本屋さんで見かけた、国内外のイラストレーターの作品集を見たことで、自分のやりたいことに近いなと感じ、今の作風へ繋がったそうです。イラストレーションのコンペにも応募するようになり、今年のTIS公募では見事金賞に輝きました。

 

 

 

画材は主にアクリルガッシュ、鉛筆、水彩絵の具を使用しています。描いてから、表面を削ったり消したりする作業の方に時間をかけているそうです。どの作品もじっくりと見ていたくなる質感が魅力です。今後は、CDジャケットや雑誌の表紙などワンビジュアルで使ってもらえるようなお仕事をやってみたいとのことでした。これからのご活躍が楽しみです!

 

 

展示作品が収録されているヤマダさんの作品集『YxxdA』(¥1,080)もおすすめです。この機会にぜひお求めください!

 

日下潤一賞 中村隆個展「夏のぽっかり」

夏のファイルコンペ展、ラストを飾るのは日下潤一賞に輝いた中村隆さんです。
昨年12月に開催された個展『いつかの日』で発表したペン画をコンペに応募したところ、見事大賞受賞となりました。6回目の応募だったそうです。今回の作品もすべてカラーボールペンだけで描かれています。写真ではベタのように見える部分も、点描や線描でびっしりと丁寧に描かれています。夏の匂いや遠い記憶が思い出されるような作品たち、ぜひ原画をご覧いただきたいです!

 

 

中村さんの故郷、新潟ののどかな風景や、美味しそうな夏野菜、お盆のお墓参り…など、中村さんの視点でとらえた夏のワンシーンが描かれました。明るい夏の感じと、暗い夜の感じの対比を特に描きたかったそうです。空の描写を1枚1枚変えてみたり、点描のタッチも色々試されたとのこと。個展前には新潟で絵の合宿をし、一週間で5枚もの絵を完成できたそうです。

受賞の知らせを聞いたときは、日下さんから頂く賞が嬉しかった反面、とても緊張したとのこと。すぐ制作に取りかからないと!とはやくから描きためていたそうです。昨年12月の個展から、約8ヵ月の制作期間だったのにもかかわらず、すべて描きおろし、新作での展示となりました!

 

 

大賞受賞後は、審査員の日下潤一さんから絵本のご依頼がありました。
生き物たちの”足の数”がテーマの絵本。骨格が難しく、昆虫や動物の写真をたくさん見て描かれたそうです。
ペン、アクリル絵具、色鉛筆、ちぎり絵…など、中村さんの持つさまざまなタッチが存分に楽しめる1冊です。
会場では絵本の原画もご覧いただけます。展示の記念にぜひお求めください!

http://kasetusha.cart.fc2.com/ca46/1206/p-r-s/

 

これからも、 仕事でもオリジナルの作品でも精一杯楽しみながら描いて、
たくさんの人に見てもらえるように発表していきたい、とお話してくださいました。
また作品を拝見できるのが楽しみです!

 

審査員の日下さんと中村隆さん。

 

次回ファイルコンペのご応募も受付中です。
ギャラリーでのお申し込みも可。お待ちしております!

http://hbgallery.com/compe.html

夏期休廊、オンラインショップお休みのお知らせ

まことに勝手ながら、

8月11日(木)〜  8月18日(木)まで、夏期休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
8月19日(金)以降に順次対応させていただきます。

商品発送は8月20日(土)以降となります。商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

藤枝リュウジ賞 正一個展「hama」

夏のファイルコンペ展、第6弾は藤枝リュウジ賞に輝いた正一さんです。
3年前のコンペvol.24にて特別賞を受賞した後、もう一度新作で挑戦した結果、見事に大賞受賞となりました。さまざまな版画技法を用いて描かれた、貝殻、アイス、舟あそび…などたくさんの夏の思い出たち。正一さんのユーモアのあるタッチと、版画の涼しげな風合いが楽しい作品となりました!ぜひご覧いただきたいです。

 

 

〈審査員、藤枝リュウジさんのコメント〉

以前から、作品注目してた。数年前はLPレコードの内袋に洒落た絵を描いたりして面白いナ!と印象深かった。今度の縄飛びいいですね。 オメデトウ。

 

『舟あそび』

 

昨年、イラストレーター歴10年目を迎えられた正一さん。コンペの応募も今回で最後にしようと思っていた年だったそうで、大賞受賞の知らせを聞いたときはとても嬉しかったそうです。ずっと尊敬していた藤枝さんの賞。藤枝さんは、以前から作品を気にして見てくださっていたそうで、大賞になれたのも嬉しいし、藤枝さんに引っかかるものがあったということが特に嬉しかったそうです。今回の絵は楽しんで描いたので、気軽に見てもらえたらうれしい、とお話してくださいました。

コンペに出し始めた頃は、作品20点のまとめ方がよくわからなかったそうですが、経験を重ねていくと、1冊の世界観や統一感が大事だなと思うようになったとのこと。人に見せることを意識したら、全体の世界観や、紙の色、絵のタッチ、トーンなどに気を配るようになったそうです。

 

『PACIFIC JAZZ』

『わくぐり』

 

正一さんのお家は海にほど近く、娘さんとよく磯遊びや生きものの観察をして遊ぶそうです。正一さんは横浜生まれ、藤枝さんは鎌倉生まれ、さらに今回は真夏の展示ということもあり、テーマは大好きな海にしよう!と思ったそうです。『hama』の響きとノスタルジックな雰囲気がお気に入りとのこと。

大好きな海ですが、しばらく描かなかった時期もありました。震災以降、今も収束せず状況が変わっていないことへの不安や怒りから、海の絵が描けなかったそうです。これまでも自分の好きなものを描いてきたつもりだったそうですが、今回海をテーマに描いてみたことで、小さい命が自分の描きたかったことなんだなと改めて気づいたそうです。
アーティストではなくイラストレーターであるけれど、言いたいことや伝えたいことを、声高にではないけれど作品に出したい、そんな風にお話してくださいました。

 

 

正一さんと審査員の藤枝さん。

 

 

次回ファイルコンペのご応募も受付中です。
ギャラリーでのお申し込みも可能。お待ちしております!

http://hbgallery.com/compe.html

仲條正義賞 藤岡詩織個展「ノスタルジア」

夏のファイルコンペ展、第5弾は仲條正義賞に輝いた藤岡詩織さんです。
HBのコンペには6度目の応募で見事に大賞受賞となりました。移り変わりのはやい都会の街並みが、藤岡さんのフィルターを通すとどこか切なく懐かしい景色に。藤岡さんならではの味わい深い色彩も魅力です。ぜひ原画をご覧いただきたいです!

 

〈審査員、仲條正義さんのコメント〉

都会の乾いた哀愁がいい。迷わない色使い出会えてよかった。

都会のビルの群れや街並みを中心に描いた作品たち。テーマとなった ノスタルジア= 郷愁 には、人間の感覚で脳内麻薬のような役割があるそうで、ストレスが軽減したり心が穏やかになるという効果があるそうです。藤岡さんにとってイラストレーションとは、水や食料などと比べたら極論、無くてもよいものかもしれないと感じることもあるそうです。けれどもその中で、どんなところで自分の絵の価値を出していくか、意味があるのかを考えたことで、今回の”郷愁”というテーマに辿り着いたそうです。

横浜生まれ、横浜育ちでずっと都会の景色と共に生活をしてきた藤岡さん。古い建物が壊され新しいビルが建つと「その前にあった建物はなんだったっけ?」と忘れてしまう。過去になるスピードがはやく、記憶が書き換えられる、そんな都会の建物にノスタルジーを感じるそうです。

 

 

 

現在はMJイラストレーションズで勉強中の藤岡さん。MJでは”基本”のイラストレーションを教わるそうです。その人らしさが出ていて、かつイラストレーションになるものをモットーにしているそう。元々、藤岡さんはマンガ寄りの絵を描いていたそうですが、そこを抜けれたらいいなとずっと感じていたそうです。ここ1~2年は、普通に描いて自分の色を出したいという気持ちで、先生のアドバイスを素直に聞き、描く日々だったとのこと。特別なことをした訳ではないけれど、ご自身でも絵が変わったなと感じたそうです。素直に描いてみたことで賞に巡り会えた、とお話してくださいました。

 

 

 

元々、紙媒体が大好きという藤岡さん。手元に置いておきたいなと感じた本は読まずにジャケ買いをすることもあるそうです。ご自身でも、そんなふうに手に取ってもらえる装画のお仕事をやってみたいとのこと。これからも、静かだけれど力強いものを描いていきたいそうです。

 

審査員の仲條さんと藤岡詩織さん。

 

次回ファイルコンペのご応募も受付中!
熱い作品、お待ちしております。http://hbgallery.com/compe.html