HB Gallery

Blog

3月2017

村田善子個展「女の私」

今週の作家さんは村田善子さんです。個展は7年ぶりとなります。伸び伸びと描かれた大きな女性の作品が目を引く展示となっております。村田さんの作品の特徴でもある色・動き・形の面白さをお楽しみください!

今回久しぶりの個展の村田さん、以前から描きたいと思っていたクルクルと回転する女の人を形にしたくなったそうです。大きな絵を描きたいと思っていて、描いていてとても気持ちがよかったそうです。今まで黄色はあまり使った事がなかったそうですが、今回は沢山使ってみたそうです。春らしくて今の時期にぴったりな作品です。可愛さの中に自分なりのフェチズムも入れてみたそうです。

今回の展示に合わせて制作した新しいハンカチも会場で販売中です!ハンカチの専門店、H TOKYOさんでは、他にも村田さんの絵を使ったカラフルなハンカチを取り扱っています。http://www.htokyo.com/top.html

お仕事の中で求められたイメージから、新しい作品のアイディアを思いつく事もあるそうです。

素敵な装画や、パッケージなど幅広くご活躍中の村田さん、これからも面白いアイディアの作品を楽しみにしています!

 

 

 

山下航個展「シアラの春」

今週の作家さんは山下航さんです。ご自身初めての個展です。
インドの東、西ベンガル州で約1ヵ月過ごした山下さん。先住民族サンタル族が暮らすシアラ村での日々を描かれました。現地でのたくさんのスケッチを元に、すべて展示のために描きおろした47点! 自分たちの手で暮らしを作っていく様子が表情豊かに描かれています。ぜひお越しくださいませ!

 

2013年3月、アーティスト・イン・レジデンスの滞在型企画のスタッフメンバーとして参加され、インドへ旅立った山下さん。たいやきを中心とした甘味処や居酒屋をつくり、現地の人々とコミュニケーションをはかるという目的で、お店の壁画制作のために似顔絵を描いたりし、1ヵ月滞在されたそうです。
現地の人々は、自分たちの似顔絵を描いてもらうことは初めてだったようで「私も描いて!」とみんなが寄って来てくれて嬉しかった、と山下さん。壁画制作にむけて描かれたたくさんのスケッチや似顔絵は、今回の作品に繋がるものとなりました。

 

 

3月〜4月でも40℃を越えるシアラ村の気温。毎日、井戸水を飲みカレーを食べ、スケッチや取材をする日々だったとのこと。日本に居た頃より8Kgも痩せたそうです!

 

一昨年頃から、イラストレーションのコンペに積極的に応募するようになったそうで、HBファイルコンペでは鈴木成一さんの目にとまり、初めての装画『英国一家、インドで危機一髪』(マイケル・ブース著)のお仕事にも繋がりました。偶然にも、初めてのお仕事がインドを題材にした本だったそうです。

東京芸術大学ご出身の山下さん。絵は好きでずっと描いていたそうですが、自分の形にはなっていなかったとのこと。HBのコンペで20枚描くにあたり、なにか”型”が必要だなと感じたそうで、インドを絵にしてみようと思いまとめていったそうです。
いつか自分でお話を作って本にしてみたい、と山下さん。絵のお仕事はどんなことでも挑戦してみたいそうです。今後もご活躍が楽しみです!

 

 

 

二十果個展「PARK」

今週の作家さんは二十果(はつか)さん。ご自身初めての個展開催となりました。
思わず触れたくなってしまうような二十果さんの柔らかな鉛筆画。リス、ワニ、アリクイ、カモ…などたくさんの動物たちが一緒に生活している様子を描かれました。色鮮やかな美しいグラデーションも必見です。ぜひお立寄りくださいませ!

 

 

今回のテーマはPARK。動物園とはひと味ちがった、さまざまな種類の動物たちが共存する世界。人間に支配されることなく、のびのびと自由に暮らしている動物たちが居ます。二十果さんがずっと描きたいと思っていたテーマだそうです。動物たちのリラックスした表情がなんともかわいらしい作品たち!

 

 

朝から夜に移り変わる様子が美しいグラデーション。すべて手描きで表現されています!
これまでは鉛筆線のモノクロで表現することが多かった二十果さん。モノクロで描くことを、なんとなく自分で決めつけていて、窮屈に感じていたとのこと。今回は色に挑戦してみたことで楽しく描くことができ、これまでの気持ちから解放されたことが一番の収穫だったそうです。

 

 
紙や布が大好きだそうで、手触りのあるもの作りのお仕事に興味があるそうです。絵本やテキスタイルのお仕事にも挑戦してみたいとのこと。今年の秋には、二十果さんのイラストレーションがほぼ日手帳のカバーに! 峰岸達さんのMJイラストレーションズBOOKがきっかけだったそうです。今後のご活躍も楽しみです!

二十果さんの優しい鉛筆線のタッチ、ぜひ原画でご覧いただきたいです。お見逃しなく!

 

 

丸山一葉個展 「ふくらむライフスタイル」

今週の作家さんは丸山一葉さんです。HBでは初めての個展開催となります。
今回は日常をテーマに、2組のカップルが織りなす楽しい暮らしぶりが描かれました。丸山さんならではのユニークなフォルムと、色気のある表情が魅力です。お見逃しなく!

 

「まぐろのおすし」

絡み合うようなユニークなポージングと、カラフルな色彩が目をひく丸山さんの作品。これまでの展示では、物語や博物学など、日常から少し離れたテーマを描くことが多かったそうです。今回描かれたのは、とある同棲中のカップルの暮らし。ファンタジーのような不思議な世界観にも見えますが、丸山さんのまわりで起きた実際のエピソードを元にイメージをふくらませて描いたそうです。

 

「白いカーテン」

「靴磨き」

鈴木成一さんの装丁塾に通われていた丸山さん。その頃は背景も描き込んでいたそうですが「人物の動きだけで表現してみたら?」というアドバイスの元、もっとシンプルな表現に挑戦するようになったそうです。丸山さんの絵のおもしろさがぐっと引き立ちました。

 

「白黒つけたがり」

今後は装画のお仕事をやってみたいそうです。文芸に限らず、難しい実用書やシリアスな内容に絵を使っていただくのもいいなとお話してくださいました。インパクトのある表紙で思わず手にとりたくなる本になりそうです!今後のご活躍が楽しみです。

 

「白いエプロン」