HB Gallery

Blog

12月2013

牧野伊三夫展「HB no.12」

今週は、HBギャラリーでは年末恒例となった、画家・牧野伊三夫さんの展覧会です。
今年で12回目の開催となりました。

毎回、様々な手法で表現を試みる牧野さん。
旅先でのスケッチや、新聞や段ボールを用いたコラージュ、3年越しで完成させた民芸品の発表…など。
牧野さんのお人柄を垣間見るような作品解説文もじっくりとご覧頂きたいです!

 

「僕は、太陽をのむ」

 

「枯葉の家c」

 

 

 

「コラージュ」

 

「美女峠の風景」

 

 

 

 
牧野さんが絵付けをされたお皿や、何とも愛らしい九州地方の玩具「きじぐるま」の販売も。
すべて1点ものですので、この機会にぜひどうぞ!

また、牧野さんとファーストユニバーサルプレスさんが制作をされた
活版刷りの封筒や便箋などお手紙グッズも好評販売中!ずっと使いたくなるような素朴なデザインが魅力です。

そのほか最新刊「四月と十月 vol.29」や書籍の販売、「雲のうえ」「飛騨」最新号の配布など盛り沢山!

 

今年も、牧野さんの1年間をふり返るような趣ある展覧会となりました。
「牧野伊三夫 HB no.12」は12月25日(水)17時までです。お見逃しなく!

 

冬期休廊、オンラインショップお休みのおしらせ

まことに勝手ながら、

12月26日(木)〜来年1月9日(木)まで、冬季休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
1月10日(金)以降に順次対応させていただきます。

商品発送は1月10日(金)以降となります。商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

金子ともこ個展「翼を持った言葉たち」

今週は福岡在住のイラストレーター、金子ともこさんの展覧会です。
今回の展覧会にあわせ、はるばるお越し頂きました!

シェイクスピア、チャップリン、ココ・シャネル達が残した、数々の名言に励まされたという金子さん。
その言葉に呼応するような、金子さん独特の世界観をもった作品が並びました!

 

 

— 東京での個展は初めてとお聞きしました。 HBで展示されていかがでしたか?

展示するまではこわくて、プレッシャーもありましたが、
始まってから皆さんの意見を聞くと「やってよかったなぁ!」と思いました。
自分の絵を見て反省すべき点だったり、見る人が「いいね!」と言ってくださる面と
両方わかって勉強になりました。次の目標も見えてきました。

— 展示をしてみると、次にやりたいことが自然と見えてきますよね。

改めて、遠くから引いて見ることが出来るんですよね。
これまでは全体を見ることが出来ていなかったんだと思います。
自分を眺めることができたいい機会だったなぁと。
また、見てくださる方々から、お褒めの言葉やアドバイスをもらい
今までの悩みが吹き飛びました!

 

 

 

— こういう機会がないと、普段はなかなか聞くことができないですよね。
今回の展覧会のテーマについてお聞かせ頂けますか?

私自身が個展前、プレッシャーで描けない、壁を乗り越えられない、
といった状況のときに、ふと目にした言葉に元気づけられたんです。
ハードルを超えられるような言葉をみつけた!と思いました。
それが翼となって1つの壁を越えられる、「翼を持った言葉たち」と題しました。

 

 

 

— いちばんお気に入りの言葉はありますか?

「今日という日は、残りの人生の最初の日である。」という言葉です。
今日頑張らなくっちゃ!と思いました。どの言葉も、自分を奮い立たせる言葉を選びました。

もうひとつあげるならば、
「プレッシャーを感じているときにさえ、楽しいと思える心を持つ人間になりたい。」という言葉。
これだな!と思いました。この言葉が今の私を物語っているなぁと。
プレッシャーを楽しんでいかないと、人を楽しませる絵は描けないんじゃないか、と思い直しました。

 

 

— これらの言葉はどのように選んでいったのですか?

たくさんの本や映画からみつけていきました。
何万と言葉があるなかで、絶対にこれは描きたい!というものを絞っていったんです。
自分の好きな言葉でもあり、見てくれる人も元気になれるだろうなという言葉を選びました。

 

 

—  金子さんの絵によって、言葉のイメージがさらに広がりますよね。
最後になりますが、今後どのような活動をしていきたいですか?

これまでは仕事に重点を置いてきたのですが、
今後は、作家という意識で「翼を持った言葉たち」の第二弾をやれるように
次の作品を作っていきたいなと思いました。
今回の展示をしてみて、まだ自分というものが絞りきれていないなぁと反省しました。
絵を見てすぐに「金子ともこの絵」とわかってもらえるように、
自分の世界をはっきりと持って描いていきたいなと思います!

 

ファイルコンペティションvol.24 受賞者発表!

HBファイルコンペvol.24の受賞者が決定致しました!
参加人数753名と、今年も多くの作家さんにご参加頂けました。
そんな難関を潜りぬけ、見事受賞に輝いた方達をご紹介します。
受賞者の方には来年夏に展覧会を開催して頂きますので、
皆様、是非お越し下さいませ!

 

 

日下潤一
大賞 大高郁子

 

 

 

特別賞 中村隆

 

 

 

鈴木成一
大賞 はやしあおな

 

 

 

特別賞 小池ふみ

 

 

 

副田高行
大賞 舞木和哉

 

 

 

特別賞 坂元 斉

 

 

 

仲條正義
大賞 角田 正之

 

 

特別賞 マスダユタカ

 
藤枝リュウジ
大賞 松下まり子

 
特別賞 正一

 

 

 

永井裕明
大賞 ササキエイコ

 

 

特別賞 スガミカ

 

 

「富嶽十六景 Part2 -16名のイラストレーターが描く富士山 – 」

今週の展覧会は、16名のイラストレーターさんによる「富嶽十六景 Part2」です。
HBギャラリーで10年前に開催された「富嶽十六景」の第2弾となる今回の展覧会。
16名の個性豊かな富士山のイラストレーションと、作品に添えられたエピソードは見応え&読み応えたっぷりです!
それぞれの作家さんの魅力に満ちた贅沢な展覧会となりました。

 

秋山花/agoera/浅妻健司/いとう瞳/伊野孝行
大竹守/ケッソクヒデキ/阪口岳夫/正一/タダジュン
丹下京子/ナカノヨーコ/ヒラノトシユキ/福田 利之
ミナミタエコ/柳 智之

 

また、今回の展覧会にあわせ「富嶽十六景 Part2」を網羅した作品集を刊行。
これからが楽しみな16名のイラストレーションと、
富士山にまつわるエピソードが楽しめる見応えたっぷりの1冊となりました。

 

HB VISUAL BOOK「富士十六景 Part2」¥1000(税込み)

 

HBギャラリーまたはHBオンラインショップでお求めいただけます。
ぜひご覧下さいませ!