HB Gallery

Blog

10月2019

コバヤシヨシノリ個展「アバヨーイ」

今週の作家さんはコバヤシヨシノリさんです。HBでや2回目の個展開催となりました。
今回は石垣島への旅行をきっかけに知ったという、南大東島に住む子供たちのことについて描かれました。三線の音色や、大自然と海風を感じられるような空間となっております。ぜひご覧くださいませ!

 

石垣島へ旅行をした際に、西表島や竹富島などの島巡りをされたコバヤシさん。小学校と中学校はあるけれど高校がないことに気付いたそうです。「みんな高校のある島へ行くよ」地元の方にそう教えられたとのこと。島からは通えずに、親元を離れて暮らす子供たち。コバヤシさんの娘さんが15歳で高校へ行く年だったそうで、そのことがひっかかっていたそうです。日本にどれくらいあるのだろう…気になり調べ始めたことが今回のテーマにつながりました。
個展準備はテーマを決めた2年前からはじめたというコバヤシさん、石垣島から帰ってすぐにこのことをテーマにしたいと思ったそうです。

 

 

今回描かれたのは南大東島について。沖縄から東に400km離れている島で、フェリーで1日かかるそうです。ほとんどが畑でサトウキビ畑しかないような大自然。進学で親元を離れなくてはならない子供たちは、1人暮らしを始める子、昼間アルバイトをして夜間学校へ行く子もいるそうです。コバヤシさんが興味を持ったのが「ボロジノ娘」という島の民謡グループについて。3月4日の「三線の日」にみんなの前で家族への想いを込めて唄を披露する風習があるとのこと。今回描かれたのは特定の人物ではなく、最後の唄をうたって旅立って行くという15の春をテーマにしたそうです。

 

 

個展のために制作されたZINE「アバヨーイ」には漫画も掲載。 ずっと頭の中で冊子の構成を考えていたそうですが、1年前に漫画を描こうと決めたそうです。絵で説明できない部分を誰でもわかりやすく伝えられたらと思い、漫画を描くことに。小学校6年生のときに描いた4コマ漫画以来だったそうで、ほぼ初めて描いたとのこと。ぼんやりとストーリーを考えながら進めていたという今回の作品たち。思考錯誤ではあったけどやっと固まって来た、とコバヤシさん。

今後の目標は、夏休みの課題図書の本に携わること。今後ますますのご活躍が楽しみです!

<臨時休廊のお知らせ>

<臨時休廊のお知らせ>

台風19号の接近に伴い、10月12日(土)は休廊とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

山﨑正樹個展「街の思い出」

今週の作家さんは山﨑正樹さんです。HBでは初めての個展開催となりました。
公園に咲いている植物や好きな建物、懐かしい電車など、山﨑さんの好きな街とそこでの思い出を絵にされました。手描きの味わいが楽しい赤1色で塗られた様々なカタチをお楽しみください!

「山手線」

「こどもの城」

 

「庭園美術館」

散歩がお好きな山﨑さん、日々見てきた東京の変化や思い出をテーマに描かれました。電話ボックスや昔ながらのタクシー 、駅の懐かしいベンチなど近頃見かけることの少なくなったものや、山﨑さんの思い出のある場所をモチーフとしています。赤ペンでぐりぐりと塗っていき、白い線を浮かび上がらせるように描いているそうです。心地よいデフォルメが楽しい作品たち。

「東京タワー」

 

どの場所も実際に行き写真を撮って描いているそうです。そのままトレースするとつまらなくなってしまうそうで、一度スケッチしたものを下絵にして描いているとのこと。手描きの揺れのあるいびつな線や、色ムラのある素朴な雰囲気は原画ならではです。

「伊勢丹」

これからもずっと絵を描いていきたい、と山﨑さん。お仕事では雑誌や本の挿絵を描いてみたいそうです。今後のご活躍が楽しみです!

 

「三軒茶屋中央劇場」