HB Gallery

Blog

未分類

船津真琴個展「Moment」

今週の作家さんは船津真琴さんです。ご自身初個展となりました。
普段見ている何気ない景色を、船津さんの視点で色鮮やかに描かれました。新作のほか新聞連載の原画や、装丁のお仕事の展示も。美しい光と影の世界をお楽しみください!

 

大学では油絵を勉強されていた船津さん。今回はリキテックスを使用し、船津さんの住む半径3kmの景色をテーマに制作されました。これまでは、デジタル画で約10年ほどイラストレーターとしてお仕事をされてきた船津さん。タッチに行き詰まり、以前から興味のあった文芸や装丁の仕事をしてみたいと思うようになったそうです。ずっと憧れていたという木内達朗さんが講師をされている青山塾へ通い、改めてイラストレーションを学ばれたそうです。約2年間通い、一昨年3月に卒業。その後は、目標にしていた装画のお仕事や、新聞連載のお仕事にも繋がったそうです。

 

 

大胆な構図や陰影が魅力の船津さんの作品たち。元々は人物を描きたいという気持ちがあったそうですが、青山塾での木内先生の授業で学んだ、風景の構成の仕方がおもしろかったそうで、今も継続し主に風景を描いているそうです。今後は人物にも挑戦していきたいとのこと。

 

 

初個展に向けてSNSでの宣伝に力を入れていたという船津さん、会期中は特にTwitterを見て来られた方が多かったそうです。なにげなく呟いていることやアップした絵に対し、日々反応はあったものの特に実感はなかったそうですが、今回の個展を通じて実際に会えた方がたくさんいて、世界と繋がっていたんだなと改めて感じたそうです。

最近では翻訳物の装画の依頼が多かったそうですが、今後も装丁のお仕事はどんどんやってみたいそうです。 海外のお仕事にもとても興味があるそうで、Behanceに作品をアップし反応を見てみたいそうです。今後益々のご活躍が楽しみです!

 

堀口忠彦個展「堀口忠彦75年」

今週の作家さんは、イラストレーター&アニメーターの堀口忠彦さんです。
HBでは2年ぶりの個展開催となりました!北海道にお住まいの堀口さん、広大な自然と青空、夜の札幌の街並みなど、実際に見た風景を堀口さんならではのクレヨンのタッチでのびのびと描かれました!猫や子犬、カエルなどどうぶつたちのユニークな作品も!見ているだけで元気なきもちになれる堀口さんの新作たち、ぜひ見に来てください!!

 

ご自宅から見える札幌の街並み。
朝日が望めるそうで、絵にも自然と日の出や太陽の絵が多く描かれています。
作品のテーマはいつも”愛”! 愛さえあればすべては叶う!と堀口さん。

 

堀口忠彦個展「堀口忠彦75年」は10/10(水)(最終日17時まで)までです!お見逃しなく!!

土谷尚武個展「PRIMITIVE IMAGE OF NEW GODS 」

今週の作家さんは土谷尚武さんです。HBでは約17年ぶりの個展開催となりました!
今回は「PRIMITIVE IMAGE OF NEW GODS 」と題し、愛と希望をテーマに会場いっぱいに現代の神様を表現。
土谷さんのイラストレーションへの想いをぜひ体感しにいらしてください!展示は10/3(水)17時までです!

 

 

空間全体が土谷さんの世界観一色になったHBギャラリー。たくさんの神様が賑やかにお出迎えです!ギャラリーの模型を作って、何度も検証を重ねたという土谷さん。ビジュアルは予想通り、しかし思っていた以上に初々しい雰囲気に仕上がったとのこと。思わず入ってみたくなる楽しい会場になりました。

 

 

ご自身、こういった形の展示は初めてだそうで、仕上がった会場は歌手のファーストアルバムのような、デビュー曲のような新鮮な感じになったと思う、と土谷さん。この雰囲気は2回は出ない、この6日間でしか出せなかった雰囲気になったと感じたそうです。また、期間中はSNSの凄さを痛感したそうです。色々な人が話題にしてくれたおかげで、イラストレーターじゃない方、面識のないイラストレーターの方々に来てもらえて嬉しかったとのこと。

 

 

すでに次の個展のイメージが出来上がっていて、すぐにでもやりたい!という気持ちだそうです。体力、気力、お金をすべて失ってしまいしばらく何も出来ない…、と土谷さん…!あと2回は絶対に展示をしたい、3回目の開催のときにはたぶんおじいちゃんになっていて、エネルギーが落ちているかも?!だそうです! 次回の展示も乞うご期待!

 

 

 

野口奈緒子個展「庭にて」

今週の作家さんは野口奈緒子さんです。2年半ぶり、2回目の個展開催となりました。
夏の初めに目にしたという瑞々しい花々と、可憐な女の子を描かれました。ボールペンで描かれた繊細な線の表現が魅力です。ぜひお越しくださいませ!

 

 

今回のテーマは植物と女の子。元々、人物や女の子を描くのが好きだったという野口さん。昨年、植物を描いたことがきっかけで、花を描く楽しさに気づいたそうです。普段から描いている人物と植物をうまく合わせられたらと思い、今回のテーマに至りました。ご自宅の庭に咲いていた植物や、近所の公園に植えられているハーブなど、5~6月に咲いていた初夏の花々を中心に描かれたそうです。
そんな花々を今回は花冠として描かれました。6月にヨーロッパで開催される夏を祝う夏至祭で女性たちがかぶるそうです。次々と咲いては終わる花々と、女の子のふとした一瞬の表情に、儚い美しさが感じられます。

 

「朝ではなく昼でもない」

「雲はなく風もなく」

描かれた女の子はお知り合いの方がモデル。野口さんがお持ちのレースのブラウスを着てもらい、自然なしぐさや表情を捉えたそうです。その日、女の子が編み込みの三つ編みをしていたことでそのまま作品に生かされました。
細いボールペンだけで描かれたモノクロの作品は野口さんの新境地。ご自身でも楽しく描けて、お気に入りの作品だそうです。いつかモノクロ作品だけでの個展もやってみたいとのこと!

 

「光るもの」

「こんなところで」

今回個展をやろうと思ったきっかけは、前回の個展から2年経っていたことと、個展をすればテーマを絞って描けると思ったからだそうです。普段、あれもこれも描きたいと思ってしまうそうで、なかなか枚数が増えなかったとのこと。花冠を描きたいというイメージがわき、テーマがみつかったことがきっかけだったそうです。
装画や挿絵のお仕事など、少しずつ広がってきている野口さん。人物以外にも静物や今回描いた植物などもお仕事につなげていきたいそうです。

 

仲條正義「暮しの手帖」表紙展2 11年~15年 54号~73号

今週はアートディレクター仲條正義さんの展覧会です。2007年から『暮しの手帖』の表紙絵を手掛けられている仲條さん。HBでは約7年ぶりの表紙絵展となりました。仲條さんならではの四季の表現をお楽しみください!

 

 

 

 

 

会場では昨年のHBでの個展をまとめた作品集『PUNCTUM TIMES』も好評販売中!
仲條正義「暮しの手帖」表紙絵展2 は9/19(水)まで。(最終日のみ17時まで)
どうぞお見逃しなく!

 

草野碧個展「Nostalgic」

今週の作家さんは草野碧さんです。HBでは初めての個展開催となりました。
一昨年は、夜の風景画シリーズでHBファイルコンペ日下潤一特別賞を受賞。
今回は、草野さんの幼い頃の写真と記憶を元に80年代をテーマに描かれました。詩人・平岡淳子さんが草野さんの作品のために書かれた詩とあわせてお楽しみください!

 

「夏の光」

幼い頃、たくさん写真を撮ってもらっていたという草野さん。今見てみると、たしかに自分が写っているけれど、その時の記憶はほとんどなく、他人の昔の写真を見ているような不思議な感覚になるそうです。今回はそんな客観性の中で描けたことが面白かったとのこと。フィルム写真のような色彩が、80年代の雰囲気を感じさせます。

 

「すきなひと」

「コック ドゥードゥルドゥー」

これまで好きで描いてきた絵は、人からよく「昭和っぽい」「ほっこりしている」「懐かしい」と言われることが多かったとのこと。それはなぜなのだろう?と考えたとき、幼い頃に田舎に住んでいたことが影響しているのかもと思い、そのルーツを描こうと今回のテーマに至ったそうです。

 

「到着」

「どこまでも」

今回の展示の絵に合わせて詩を書いてくださったのは詩人の平岡淳子さん。草野さんがメールで絵を送り、それを見た平岡さんが詩を送り返してくれる、文通のようなやり取りを約1ヵ月ほど続けられたそうです。詩を読んだときに、自分が描いているイメージとは全く違う観点で言葉が添えられていて、深みがありとても感動したと草野さん。

現在お仕事は、雑誌、装画、企業のメインビジュアル制作、舞台のポスターなど幅広く描かれています。絵が大きく扱われる広告やポスターのお仕事をぜひやってみたいそうです。
幼い頃は絵本作家になることが夢だったという草野さん、現在、絵本第一作目を制作中とのことです。今後益々のご活躍が楽しみです。

 

 

藤井紗和個展 「渇いた地の向こうに -フリーダ・カーロ-」

 

今週の作家さんは藤井紗和さんです。HBでは約3年ぶり2回目の個展開催となります。

今回の展示では、メキシコ近代美術を代表する女性作家フリーダカーロをテーマに、
フリーダが日常的に愛用したもの、身につけていたものなど身の回りのものを中心に描かれました。

フリーダカーロの生きていた痕跡をみつめ、感じた事を藤井さんの独特の描き方で表現された温かみのあるグレイッシュな空間が広がっています。
ぜひお立寄りくださいませ。

 

 

 

「彼女(フリーダ)にとっての体の一部であった服、コルセット、こだわりの感じられる愛用品…
彼女のアイデンティティに触れる事でフリーダの気配を少しでも表現出来たらと思い描きました」と藤井さん。

 

 

今回の個展でフリーダカーロをテーマに選んだのは、現在配布中の当ギャラリーのファイルコンペ募集要項のためにお願いした絵のテーマが「行ってみたい国」ということで、南米や中南米を選び描いていたら、フリーダカーロの資料を多く目にする機会があり、以前、横浜美術館で開催された石内都さんの展覧会で見たフリーダカーロの遺品を撮影した写真展をご覧になったときに、かつて抱いていた生々しくて怖い絵のイメージと、民族性がありつつ西洋的な現代性もあるとてもお洒落さんだったフリーダのイメージのギャップが重なりとても印象的で、フリーダカーロを題材に展覧会をすることを決めたそうです。

 

 

 

3年前の個展ではモノクロームでの展示をされましたが、今回はカラー作品に挑戦されています。

前回の個展では「色はつかわないの?」「カラーでも是非見てみたい」というご意見多くいただき、
「次個展をするならカラーでやってみよう」と決めていたそうです。

 

 

 

 

 

 

装画や、雑誌など、何でも挑戦したいと藤井さん。独特のタッチに加え、色も味方に付けた藤井さんのこれからのご活躍がとても楽しみです。

よく見てみると、ブラシの毛や、注射針と鎮痛剤、内蔵の見えているお人形など、ちょっと怖いようなモチーフも、素朴で可愛らしさすら感じでしまう不思議な空気感を帯びた藤井紗和さんの個展は9月5日までです。
どうぞご来廊ください。 

 

 

仲條正義賞 綾野本汰個展「無題町∞丁目」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、ラストを飾るのは仲條正義賞大賞に選ばれた綾野本汰さんです。
「無題町∞丁目」という町に暮らす住民たちが、レストランで楽しくおしゃべりをして過ごす様子が描かれています。
幕の内弁当が滑り台から落ちてくるアスレチック、 チョコレートフォンデュの温泉、パンの家具屋…などなど、綾野さんのアイデア満載な作品をお楽しみください!

 

 

動物型やユニークな立体のトピアリーの並ぶ緑豊かな住宅地。ここは砂漠の真ん中にあるニュータウン「無題町」という町だそうです。人工的に山を築きオアシスの水を利用し、電気と水を町中に供給しています。ニュータウンの山の頂上には不思議なレストランが建っていて、住民はそこでおしゃべりを楽しんでいます。
人が集まっているところを楽しく描きたいと思った、と綾野さん。それぞれが好きなことをして、自由に過ごしている感じを大切に描いたそうです。ダンベルをしていたり、寝ながらサンドウィッチを食べていたり、皆が思い思いに過ごしています。

 

 

普段から興味のある事をメモしておいたり、絵を描いている時に思いついたことを組み合わせて絵を描いているそうです。描くときはおもしろいかどうかが大事なポイント、と綾野さん。色彩や図形的な面白さと、どんな状況を描くかということ。今回の展示で特に描きたかったモチーフはレストラン、ニュータウン、トピアリーだそうです。それらに綾野さんが面白いと思ったことをたくさん詰め込んで描かれたとのこと。

 

 

昨年のファイルコンペは3回目の応募だったそうです。試行錯誤の段階で、毎年違う絵を出されていたとのこと。色鉛筆で描いたシリーズがたまったので応募しようと思ったそうです。賞に入るとは思っていなかったので本当にびっくりした、と綾野さん。受賞時、仲條正義さんから頂いたコメントに「ともかくこのままで良いです。ありがとう。」と書いてあったことが嬉しかったそうです。
今後は、絵本や漫画の制作も続けながら、挿絵やカット、装画などのイラストレーションの仕事をしていきたいそうです。これからのご活躍が楽しみです。
楽しくて明るくて、フワッと柔らかい綾野本汰さんの個展は8月29日水曜日まで。どうぞお見逃しなく。

日下潤一賞 村田恵理個展「MARBLE」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、第6週目は日下潤一賞大賞に選ばれた村田恵理さんです。
HBでは約3年ぶり、4回目の個展開催となりました。版画とペイントを組み合わせたユニークな技法の作品たち。灯台や船などの夏らしいモチーフと、どこか懐かしく味わい深いタッチをお楽しみください!

 

 

「MARBLE」と題された今回の展示、大理石を思わせる質感が涼しげな作品たち。木版のように、木に墨を塗り画用紙に刷ったものをベースに、白いアクリル絵の具で描かれているそうです。飾るならこんな絵がいいなというイメージを最初に思い描いていたとのこと。好きなカタチをみつけて描いたというモチーフは、建物や車や飛行機など。窓がいっぱいあるものを見ると描きたくなるのだそうです。
HBコンペは今回が11回目の応募。ダメだったら諦めようと思っていたそうで、受賞の知らせを聞いたときは本当に嬉しかったそうです。年に20枚、自信作を揃える作業が自分を成長させてくれた、と村田さん。賞はともかく自分の成長のために描き続けたそうです。ファイルの中で個展をする気持ちで描くといいかも、とこれから応募する方へのアドバイスも。

 

 

2011年にHBギャラリーで初個展をし、イラストレーターとしてスタートした村田さん。今回の技法で描き始めたのは、前回のコンペ応募の1ヵ月前だったそう! 版画ではなく、アクリル絵の具でぺったりと塗った色面構成で応募しようと思っていたところ、「テクスチャをつけてみたら?」とアドバイスしてくれたのは、以前日下潤一賞を受賞された藤井紗和さん。ぺったり描くのをやめて今の版画を組み合わせたタッチをみつけたそうです。それが受賞のきっかけだったと思う、と村田さん。人に絵を見てもらったり、アドバイスをもらったことでタッチが変わったそうです。

 

 

受賞から8ヵ月、ずっと個展のことだけを考えていたという村田さん。今後もまた面白いものをみつけて、タッチも自由に描き続けていきたいそうです。自分が面白いと思うことに取り組んで、それを見て一緒に仕事がしたいと思ってくれる方がいたら嬉しいとのこと。

会場では作品をモチーフにした焼きもののブローチやはし置きも好評販売中です!
村田さんが絵付けを担当されている「山小屋」の作品たち。数に限りがございますのでお早めにどうぞ。
展示は8/22(水)(最終日のみ17時まで)です。村田さんの新境地、ぜひご覧いただきたいです!

 

夏期休廊、オンラインショップお休みのお知らせ

まことに勝手ながら、

8月9日(木)〜  8月16日(木)まで、夏期休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
8月17日(金)以降に順次対応させていただきます。商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。