HB Gallery

Blog

未分類

赤井稚佳個展「待ち遠しい」を描く

今週の作家さんは京都在住のイラストレーター赤井稚佳さんです。HBでは約7年ぶりの個展開催となりました。
2017年2月〜2018年3月まで毎日新聞日曜版で連載されていた、柴崎友香さんの小説『待ち遠しい』で挿絵をご担当されていた赤井さん。今回はその挿絵の中から厳選された原画を展示いたします。京都・誠光社より出版された限定版作品集の展示・販売も!お楽しみに。

 

 

小説の舞台は現代の大阪。大阪ご出身の赤井さんにぜひお願いしたいとお声がかかったそうです。これまでも宮本輝さんや黒木亮さんの新聞連載の挿絵を描かれたご経験のある赤井さん。約1年続く連載のお仕事、いい絵を描くのはもちろん、体調管理をしっかりすることがまず第一だそうです。会場には赤井さんが選ばれた好きなシーンがずらりと並びました。お手製のダンボール額縁も!

 

 

京都を拠点とし活動されている赤井さん。HBファイルコンペVol.9での藤枝リュウジ賞受賞や、雑誌『Coyote』のブックイラストレーションを描くお仕事で赤井さんの絵が広く知られるようになります。本つながりで、都内や関西の本屋さんとの親交も深く、展示も多数開催されています。

 

 

2015年に出版され、今年重版された人気の作品集『Bookworm House & Other Assorted Book Illustrations』も会場でお求めいただけます。ブックワームハウス=本の虫荘という名のアパートは、入居条件が「本が好き」ということ、またどんな「書斎」を作りたいのかという、オーナーのテストに受かったものだけが住むことのできるというユニークな物語。後半には赤井さんをはじめ3名の選書と共に、ブックイラストレーションを収録。本好きにはたまらない1冊です。

150冊限定の『MES TRUCS ADORES de A a Z』は、赤井さんのお気に入りのモノを集めて描かれた作品集。ライナーノート付きでBOXに入った豪華な1冊です! A a Zは原画も展示しております。ぜひお越しください!

 

 

 

原倫子個展「的皪」

今週の作家さんは原倫子さんです。ご自身初めての個展開催となりました。
印象的な黒と色鮮やかな描写で、さまざまな人物と情景を綴ります。新作の展示も!ぜひお越しくださいませ!

的皪 【てきれき】…あざやかに白く輝くさま。

今回の作品はタイトル「的皪」という言葉に合わせどんな絵を描こうか、表現をたどりよせていくイメージで描かれたそうです。白昼の下にさらされた世界、昼日向の光を意識して描かれたという新作たち。
6月生まれの原さん、その月になると幼い頃の記憶が遡ることがあるそうです。ご自身の記憶、あるいは誰かの記憶をクロスオーバーしたような絵を描きたかったとのこと。好きな言葉からイメージしたり、実際に行った場所を撮影しそれらを元に自分なりの表現へと昇華させるそうです。

 

「Empty Pool」

「鈍色テーマパーク」

多摩美術大学卒業後、しばらくして地元長野へ戻りデザインのお仕事をされていた原さん。イラストレーターになるきっかけは、ある時、雑誌『イラストレーション』で大学の先輩がコンペで賞をとり活躍されている姿に感化され、自分も絵を描きたいと思ったことでした。その後コンペへ出してみるものの賞には届かず、しっかり勉強したいと思い峰岸達さんのMJイラストレーションズへ通い始めます。当時は今とは違う絵で、アクリルガッシュで様々な描き方を試していたそうですが、通い始めて3年目、普段使わない画材で描いてみたところ「線画がいいね」と友人たちが評価してくれたそうです。こっそり練習を重ね、ある程度作品がたまってから峰岸先生へ提出し「このタッチに変えます」と宣言したそう。それらの作品が2016年、チョイスで入選。少しずつタッチも固まり、お仕事に繋がるようになったそうです。社内報の表紙や、雑誌・小説誌の挿絵、CDジャケットなど、MJイラストレーションズブックを見た方から依頼が来ることも。

 

「水曜日は薔薇色」

お仕事では広告などもジャンル問わず挑戦してみたいそうですが、一番は装画のお仕事をやってみたいとのこと!本を読むことがお好きだそうです。今後も益々進化していきそうな原さんの作品が楽しみです!

 

「水無月」

妹尾香里個展「STORY」

今週の作家さんは妹尾香里さんです。HBでは約3年ぶり2回目の個展開催となりました。
1枚の絵からはじまる、ちいさな動物たちが主人公のショートストーリーを描かれました!妹尾さんのたくさんのこだわりがつまった作品たち、ぜひご覧いただきたいです!

「お菓子作り」

今回展示されたのは、文字のない2~3コマの絵で綴られた短いお話たち。見る人それぞれがイメージを広げ、続きを想像してもらえるような絵にしたいと思ったそうです。妹尾さんの自由な発想が楽しい作品です!

 

「押し花作り」

キャラクターの表情やカタチには特にこだわりがあるそうで、何度も何度も納得のいくまで描き直すそうです。そこからうまれる筆跡の表情や線が妹尾さんの作品の特徴に。お仕事では絵以外にも「題字を描いてほしい」というご依頼もあるそうです。ご自身では気づかなかったという描き文字の魅力、ほのぼのとした妹尾さんのお人柄が感じられる可愛らしい字体です。

 

「収穫」

 

正面の壁面には、物語から飛び出して来た動物や宇宙人たちも!

「到着」

お洋服が大好きという妹尾さん、アパレルのポスターや広告のお仕事をしてみたいそうです。CMのお仕事もずっと目標にしているそうです。今年の4月からは料理雑誌での連載のお仕事もはじまりました。描き込みすぎず、カラフルに美味しそうに描ける妹尾さん、近頃は食べもの関係の雑誌や書籍のお仕事が続いているとのこと。今後さまざまな媒体でのご活躍が楽しみです!

 

 

白尾可奈子個展「SQUARE」

今週の作家さんは白尾可奈子さんです。初めての個展開催となりました。
今回は、白尾さんがこれまでイラストレーションと並行して制作されていた木彫作品も展示しております。新作の作品集の販売も!モノトーンの美しい空間をお楽しみください!

 

 

大学時代、彫刻を学ばれていた白尾さん。今回展示している白い彫刻は、木を削ったものに漆喰塗料で着彩されているそうです。平面作品と対になった彫刻たちは様々な角度から楽しめ、顔やリボン、クエスチョンマークなどユニークな形があしらわれています。彫刻を制作する際に、方眼紙に設計図を描く手法からうまれた表現です。

 

 

学生時代の彫刻作品はいまのようなスタイルではなく、当時は自分の作品としてスタイルが定まらなかったといいます。卒業後は仏像の修復師としてお仕事をされた経験も。イラストレーションのお仕事に興味をもったのはその頃、友人の紹介で出版社の方からカットのお仕事を頂いたことでした。元々、マンガや雑誌、印刷物も大好きだった白尾さん、漠然とイラストレーターというお仕事に憧れがあったそうです。しかし実際に描いてみると、オーダー通りにしか描けず、自分で思っていたよりうまくいかないもどかしさがあったそうです。それが何度か続き、ちゃんとイラストレーションの勉強をしてみたいと思い、MJイラストレーションズへの入塾を決心したそうです。

 

 

MJでは毎回課題が出るものの、画風が安定せず悩む日々だったそうです。峰岸先生からも「画風を作るように」とのアドバイスがあり、自分が好きなものやどういう絵が描きたいのかを考えたそうです。自分らしい絵が描けるようになったことで、彫刻にも自分らしさを落とし込めるようになった、と白尾さん。
今後も、広告や装画のお仕事などどんどん経験してみたいとのことでした!今後益々のご活躍が楽しみです!

 

 

今回の個展にあわせて制作された『白尾可奈子作品集 スクエア 彫刻と絵』(photo/本多康司 Design/漆原悠一)¥1,300も好評販売中です!木彫作品とイラストレーション両方が収録され、造本にもこだわった美しい1冊。会場へぜひお越しください!

 

 

しんやゆう子個展「はじめましてん」

今週の作家さんはしんやゆう子さんです。HBでの個展は約14年ぶり、3回目の開催となりました。
本の装画や児童書のお仕事でご活躍中のしんやさん、今回はすべて新作、描きおろし作品を展示していただきました!
色鉛筆で描かれた美しくおだやかな作品の数々、ぜひ原画をご覧いただきたいです!

 

「もしもし、はいはい」

「はじめましてん」と題された今回のタイトル。しんやさんの久しぶりの個展とあって、自己紹介的な内容にしようと思ったそうです。テーマは設けず、人物や抽象的なモチーフなど、好きなものを思い思いに描かれました。1枚の絵からさまざまな物語が浮かぶような、しんやさんのイメージ力と表現力の高さが感じられる作品ばかりです。

 

「メダカ」

イラストレーションのお仕事を初めて経験されたのは2008年だそうで、そこから教科書や本の装画、児童書などのお仕事が増え、いまから3~4年程前からフリーランスで活動されているそうです。現在はカレンダーのお仕事を進行中とのこと。児童書はさし絵の点数が多く、完成したときの達成感はほかのお仕事とはまたひと味違うそうです。今後もっと児童書に携われたらいいな、としんやさん。

 

「鳥の木」

 


どんなお仕事も楽しく、家で描いていたものがお仕事で形になって返って来ると嬉しいそうです。今後はおじいちゃんやおばあちゃんなど、もっと幅広い年代の人も描けるようになりたいとのこと。描くことの嬉しさや喜びの感じられるすてきな作品たちでした!展示は5/30(水)(最終日のみ17時まで)です。ぜひ見に来て下さい!

 

吉岡里奈個展「人生はお祭りダァ!」

今週の作家さんは吉岡里奈さんです。HBでの個展は約3年ぶり2回目の開催となりました。
一度見たら虜になってしまう、吉岡さんの昭和ムードたっぷりな味わい深い作品の数々。今回の個展のための新作の展示やグッズの販売も!お見逃しなく!

「楽園」

「カレー学入門」

「スナックろまん」

新作はこれまで以上にディティールにこだわった渾身の作品たち!看板やお店のメニューなど隅々まで見逃せないものばかりです。人物は昭和に活躍した女優や男優をモデルに描くこともあるそうです。その当時のメイクや目力が魅力なのだそう。

 

 

 

小さなキャンバスに描かれたピンクチラシ風作品の数々がずらり!昭和エロの世界も吉岡さんが描くとポップで可愛らしい印象に。それぞれのチラシの言葉もご自身で考えるそうです。吉岡さんのおしとやかな印象とのギャップがユニークな作品たち…!

 

「トラックお姐さん」

「お命頂戴」

 

年々、作品を発表する機会も増え、ファンも確実に増えている吉岡さん。本の装画などイラストレーションのお仕事も今後もっとやってみたいそうです!昨年のHBファイルコンペでは日下潤一特別賞を受賞され、7/6(金)からの特別賞グループ展も控えています。こちらもぜひいらしてください!

http://hbgallery.com/schedule/index.php?bg=201807 

藤田あい個展「いっしょに あーそぼ!」

今週の作家さんは藤田あいさんです。HBでの個展は約5年ぶり、3回目の開催となりました。
今回のテーマは、大人も子どもも一緒に楽しめる、楽しい動物のキャラクターたちです!子ブタ、ペンギン、サル、ネズミなど、藤田さんらしいカラフルな色彩とチャーミングな表情。水彩とアクリルガッシュで丁寧に描かれた原画の数々、ぜひご覧いただきたいです!

「ゴハンはLove letter 03 ♪」

2歳のお子さんをもつ藤田さん。保育園へお迎えに行くと、子どもたちがぴょんぴょんと飛び跳ね向かって来る様子や、保育参観で見た、イスに座ってよそ見をする子どもたちをモデルにしたり…と、普段見たものや感じたものを動物たちのキャラクターを通して描かれました。気づいたら子どもがモデルになったそうで、自分の絵を助けてくれているなと感じるそうです。

 

「読み聞かせ 02 ふむ♪ふむ♪」

「読み聞かせ 03 ああ…寝落ち!」

個展も子育てが落ち着いてから…と思っていたそうですが、家族が「やってみなよ!」と後押しをしてくれたそうです。個展を決めたものの、ご自身ではなかなか余裕が無く、普段のお仕事でいっぱいいっぱいだったといいます。絵のタッチはこれまでより絞り、できることに集中しよう!という気持ちがよい方向へ向かいました。まわりの環境のおかげ、と藤田さん。普段の暮らしの実感がこもった汗と涙の作品となりました!

 

「Friends 01 ♪」

 

色を使うことが元々大好きという藤田さん。絵のお仕事はサイトを見た方から、動物や子供などカラフルなタッチでというご依頼が多いそうです。最近では子供向けのお仕事が約9割とのこと。絵本、キャラクター制作、カレンダー、アニメーションなど今後も色々とやってみたいそうです。自分の絵を見て、何かぴんと来たデザイナーさんとぜひお仕事してみたいとのことでした。今後の益々のご活躍が楽しみです!

 

春期休廊、オンラインショップお休みのおしらせ

まことに勝手ながら、
4月28日(土)〜 5月10日(木)まで、春期休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
5月11日(金)以降に順次対応させていただきます。
商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

きたざわけんじ個展 「さくら色のかぜ」

今週の作家さんはきたざわけんじさんです。今年は10年連続、10回目の個展開催となりました!
展示のための新作や、近年のお仕事など一堂にご覧いただけます。今年きたざわさんが選んだテーマは滝とパイプライン。きたざわさんらしいユニークなアイデアと広々とした気持ちのよい作品をお楽しみください!

 

 

昨年から描き進めていたという滝シリーズは、リクルートの展覧会『つつの靴下展』で滝の模様を描いたことがきっかけでした。「たきざわけんじさん」と間違われることが時々あるというきたざわさん…そんな出来事から滝を描いてみよう!と思ったそうです。ダイナミックな構図と水流のデフォルメが楽しい作品たちです。

 

 

 

もうひとつの新作はパイプラインシリーズ。天然ガスや石油を輸送するために陸に敷設されるパイプだそうです。以前、旅行先のイースター島で見たことがあり、人けの無いところに突如現れる巨大なパイプラインはとても印象的だったとのこと。いつかそういう光景を描きたいと温めていたそうです。普段ほとんど人物を描かないきたざわさん。人けがあったはずなのに、作り終わったらモノしか残らない、といったような雰囲気が好きだそうで、閉園してしまった遊園地など少し不気味な場所に惹かれるのだそう。パイプラインは、そんなきたざわさんの世界観に見事にマッチしたモチーフでした。

 

 

最近のお仕事は、会社案内や会報誌、カレンダー、パッケージ、雑誌、壁画制作など。本になったときの佇まいがお好きだそうで、装画を描くお仕事ももっとやりたいそうです。夢は、教育テレビ関連のお仕事や新聞連載など!海外からの依頼も受けてみたいとのこと。現在はお仕事も安定し、売り込みをすることも以前に比べだいぶ減ったそうです。現状に甘えてしまっていると感じることがあるそうで、どこかで変えたい!ときたざわさん。そんな現状を打破したきたざわさんの作品がいまから楽しみです!展示は4月27日(金)17時まで。ぜひお越しくださいませ!

 

 

坂内拓個展「東京 tokyo」

今週の作家さんは坂内拓さんです。HBでは初めての個展開催となりました。
装画や広告、CDジャケット、国内外からお仕事の依頼が来るなど幅広くご活躍中の坂内さん。今回は新作の切り絵で東京の日常を表現されました。広々とした色面と余白が気持ちのよい作品たち。質感や切り口、紙をはがした表情などは原画ならではです!お楽しみに!

 

 

今回のテーマは「東京」。坂内さんが生まれ育った土地、よく知っている東京の日常を描こうと思ったそうです。何かが起きていたり人目をひくようなシーンではなく、誰もが自分と重ねられる風景を描きたかったとのこと。見る側に自然と物語をゆだねてくれるような心地よさが魅力です。

 

 

お仕事では対応のしやすさからパソコンで絵を描くことも多いそうですが、今回展示されたようなアナログな表現には、デジタルとはまた違う強さがあるそうです。楽しいことも悲しいことも、どんどん流れていくのが東京だと思う、と坂内さん。そんな東京のフラットな空気感と、そこに住む人々の心情のような少しいびつな紙の表現は琴線に触れるものがあります。

 

新作の作品集やポストカードも好評販売中です。展示は4/18(水)17:00までです。お見逃しなく!