HB Gallery

Blog

未分類

藤枝リュウジ個展「CRY2022」

秋の恒例企画展、今年も藤枝リュウジさんの展覧会がはじまりました!

今回の作品は、近年、亡くなられた方に想いを馳せて描かれたとのこと。

悲しさの中にユーモアのある新作をお楽しみください!

作品はオンラインショップからもご購入いただけます。こちらもぜひご覧くださいませ。

http://hbgallery.shop-pro.jp/

 

 

今回は藤枝さんがコレクションされていた昔のコミックのページをコラージュに使用されました。
ポップでありロックな作品がずらりと並びます!

 

 

表情豊かなキャラクターたちは、見ているだけで楽しい気持ちに!

 

HBギャラリーの創設者、唐仁原教久の絵も描いていただきました。藤枝さんによる追悼文も掲示しています。

 

藤枝リュウジ個展「「CRY2022」」 は9/28(水)までです!(最終日のみ17時まで)お見逃しなく!!

エジソン個展「おりょうりえほん」

今週は広告プロダクション、クリエイティブオフィスエジソンさんの展示です。DMのビジュアルとなったのは、エジソンの代表でありイラストレーターの田渕周平さん。HBでの展示は17年ぶりの開催となりました。今年で50作品となった、クックパッド監修・エジソン制作の「おりょうりえほん」の世界が一堂にお楽しみいただけます!絵本もずらりと展示中!ぜひお手にとってご覧くださいませ。

 

 

食育をテーマに2018年から企画制作がはじまった「おりょうりえほん」。2歳から6歳くらいのお子様向けのオリジナル食育絵本が、毎月1冊届く月額サービスとして刊行されています。絵本仕様のプロモーションを得意とするエジソンチーム、「おりょうりえほん」の物語はすべて田渕さんをはじめとするスタッフさんが考えられています。毎号、イラストレーターさんは田渕さんがチョイス。いつかお仕事を頼んでみたいというイラストレーターさんにお声がけすることもあるとのこと。どんなイラストレーターさんにお願いしたいか、常にアンテナをはっているそうです。

 

 

 

1冊あたりの制作期間は約3ヶ月。物語作りに1ヶ月、イラストレーターさんによる作画に1ヶ月、デザインに1ヶ月ほど。さらには並行して何冊も抱えながらというハイペースな現場だそうです!物語は「読み聞かせをする大人もはっとするような要素を少し取り入れるようにしているんです」と田渕さん。

 

 

 

壁面はこれまでの絵本の世界がどどーんと紹介された愛情たっぷりの会場に!大人もこどもも楽しめる「おりょうりえほん」の世界をぜひお楽しみください!先着100名様には絵本のプレゼントも!お楽しみに。

 

田澤ウー個展「ダンボール日和」

今週の作家さんは田澤ウーさんです。HBでは2年ぶりの開催となりました。ダンボールの素朴な風合いと、田澤さんの描くほのぼのとした人物や日常の景色をお楽しみください!

 

田澤さんが描くものの多くは日常の景色。日常の気になった景色やイメージを作品にしているとのこと。甲子園で大阪桐蔭が大量得点した日、エリザベス女王が宮殿から挨拶した日、参院選の選挙看板にポスターが貼られた日…など、田澤さんの視点で切り取られた日々のできごとが描かれました。テーマは身の廻りの出来事がほとんどで、天使や妖怪が登場することはないそうです。

 

 

この技法を始めたのは3年前から。それまでの線画に飽き足らなくなり、また、大雑把な性格が活かせるような技法はないかな?と模索して辿り着いたのがダンボールだったそうです。ダンボールを使う不自由さが気に入っていて、上達しすぎないようにと気をつけているとのこと。

 

 

会場では1年ほど前から始めたというアニメーションも上映。パーツごとに作り、スマホで1コマずつ撮影していくのだそうです。自分で絵を動かすことができるのは楽しい、と田澤さん。普段何気ない景色を見ている時も「これはアニメーションにしたらいいかも」と、ふとアイデアが湧いてくるのだそうです。

個展もグループ展も、いつも仕事に繋げたい、と田澤さん。出来るだけ多くの仕事をして、多くの人に見てもらいたいそうです。今後益々のご活躍が楽しみです。

 

津田周平個展「カレンダーが終わらせてしまう」

今週の作家さんは津田周平さんです。HBでは初個展となりました。どこか懐かしく、寂しい雰囲気が心地よい津田さんの作品たち。今回のために描かれた新作や、ZINEの販売も!作品はすべて販売しております。お見逃しなく!

 

 

Q.今回のタイトルにはどんな想いが込められていますか?

HBギャラリーといえば思い入れが強過ぎてかなり悩みました。
昔のロシア文化がミーハーに大好きで、映画監督のニキータ・ミハルコフや小説ならドストエフスキー、画家だとピロスマニなどから、キジ島の木造教会、マトリョーシカ等の小物まで魅入ってしまう感じだったので、今回の個展タイトルはロシアから取らせてもらおうと思い立ち、アニメのチェブラーシカに出てくるワニのゲーナの歌「空色の列車」から抜粋しました。
最初は動画の翻訳そのまま「カレンダーが終わらせてくれる」としていたんですが「今日という日が一年続けば良いのに」という箇所もあって感情的な矛盾を感じ、語尾を「しまう」にすれば歌詞の要約というか、対比をまとめてしまえると思いました。個展が終わるのを惜しむようなニュアンスも付け加えられて良かったです。

そういうロシア文化への憧れの総括として個人的な偏見ですが、ロシアの人々は絶望的なのになぜか異様に力強い印象を受けます。
寒すぎる土地、強い酒、あまりにも広すぎる土地、そう言った色々なネガティヴを納得したうえで諦観して生きている感じになんとも言えない魅力を感じてしまいます。

学生の頃チェブラーシカは流行の最後の方は可愛いという理由になってしまったけど、実際にアニメを見てみると沈んでいますし、淡々と生きているだけで。子供番組なのにかなり暗い。でもリアルで強くこれでいいんだなとも思った。絶望の中に無理やり希望を埋め込んだら中和されて淡々とした肯定感がある。自分の絵もそうありたい。

 

 

Q.津田さんは新聞社で長い間お勤めされていたんですね。

元は新聞社で整理記者をしていました。主に見出しとレイアウト作りです。文章を渡されて読んで、見出しを字数制限に合わせ考え、紙面をつくる。新聞は斜陽ですから仕事は過酷でした。
若い頃は新聞内で4コマ漫画を描かせてもらおうと勝手に社内で営業をした事もあります。4コマは全然相手にされませんでしたが、挿絵はたくさん描きました。正月新聞に見開きですごろくの絵を4年ほど描いていました。組織なので様々な意見が入って全然面白くないすごろくでしたが。埋まらない紙面をどうするかというところで、絵を好きなことを利用されていた気もします。

妻には、宮沢賢治の詩から引用した「ちょっとぐらいの仕事ができてそいつに腰掛けやがって」などとよく言われていたので、仕事をしていたわりに敬意は払われてなかったです。

 

 

Q.作品制作はどのようなきっかけではじめたのですか?

11年勤めた新聞社を辞め、外資系の会社へ転職しました。しかしどうやら事業計画がうまくいかないという理由で唐突に、その計画に参加する予定だった僕を含めその期に入った社員は辞めてくださいという流れなりました。その後の半年間は失意の中、失業保険で暮らしていました。新聞社でのごたごた引越しの疲れ、突然の解雇などで疲弊しきってしまい、ずっと寝ているような生活を送っていました。保険が終わり3ヶ月経っても、僕はまだぼーっとしていて、ある日妻と息子ら3人が不在で留守番してた時に僕は急に絵を描いてみようと思いました。
妻には暇なら漫画でも描けと言われていたけど描けなかった。その時絵を描いて「自分は1枚絵の人間だったんだ。漫画じゃなかった」と気付きました。息子が可愛いうちに横顔を描いておこうと思ったり、新聞の挿絵のために描き溜めていたメモを大きく描き出したり。そうしたらどんどん絵が描けて楽しくなりました。
描きはじめた時に放っておいたSNSも10年ぶりに再開しました。InstagramやTwitter、以前は反応がなかったのに、いいねがつき始めてそれも面白かった。そこからSNSが楽しくなったのがいい方向へ向かったんだと思います。

 

 

 

Q.今後はどんな活動をしていきたいですか?

子どもは大きなテーマなので、普遍性のある絵本など、子ども向けの仕事をしてみたいです。
最近家族が遊びで僕の絵でアニメを作ってくれて嬉しかったので、僕の絵が動くということにも挑戦してみたいです。
死ぬまで取り組めるライフワークのような活動を見つけられたらと考えています。
もう、絵を描くしか出来そうなことが無いので描ける環境を、健康的に保てるかどうかも課題です。

 

白村玲子個展「雁音」

今週の作家さんは白村玲子さんです。HBでの個展は8年ぶり、2回目の開催となりました。地元で過ごした記憶をテーマに描かれた今回の新作たち。温もりが感じられる質感と、彫るように描かれたモノトーンの線画をお楽しみください!

 

 

Q1.今回のテーマをお聞かせください。

自分の故郷をテーマにしました。田んぼや畑のすぐ近くに工場が並ぶような土地だったので、綺麗なものだけじゃなくて土臭い絵が並ぶといいな、と思いながら描いています。

 

Q2.モチーフはどのように選ばれたのですか?

祖母が農家だったので、農具や民具が多くなりました。それ以外にも家の周りにあったものを思い出しながら描いています。

 

 

 

Q3.作品づくりで心がけていることはどんなことですか?

モチーフを見たときになんとなく描いたときの線がそのまま活かされていくといいな、と思いながら描いています。

 

 

Q4.近年はどのようなお仕事をされましたか?

イラストのお仕事はまだまだなのですが、グラフィックデザインのお仕事をさせていただくことが多いです。作品集などの書籍や店舗のオープンの際のグラフィックなど、誰かと一緒に作り上げられるお仕事は好きです。

 

Q5.今後どんな活動をしていきたいですか?

あまり具体的に先のことを考えてはいないのですが、イラストレーションとデザイン、どちらも自分で手を動かしながら制作していきたいです。

 

HB FILE COMPETITION vol.32 中村圭介賞 原田俊二個展「MOTIF」 

HBファイルコンペvol.32 受賞者展もいよいよラスト! 今週の作家さんは中村圭介さんの大賞を受賞された原田俊二さんです。前回の河西達也さん特別賞に続き、2年連続の受賞となりました!作品は全てオリジナルの紙を使ったコラージュによるもの。原田さんならではの楽しいフォルムと色彩をお楽しみください!

 

Q1.今回のテーマをお聞かせください。

あまり悩みたくなかったので、モチーフのみ(構成など気にせず)にしました。おかげで気持ちよく描けました。

 

Q2.コラージュの手法はいつ頃から始められたのですか?きっかけなどお聞かせください。

10年前くらいからです。以前は絵の具で描いていましたが画風を変えたくて絵の具をやめて色えんぴつで描き始めて色えんぴつだけだと物足りなくなってコラージュするようになりました。

 

 

Q3.作品作りで心がけていることはどんなことですか?また、作品作りのために日頃から継続されていることなどありましたらお聞かせください。

急いで描くところとじっくり描くところと、一枚の絵の中でも描き分けれたらいいなと思ってます。あとなるべく猫背にならないように気をつけてます。

 


Q4.近頃はどのようなお仕事をされていますか?やってみたいお仕事はありますか?

書籍が多いです。最近、早く沢山描くのに慣れてきた気がするので新聞連載の挿絵とか興味があります。

Q5.今後どんな活動をしていきたいですか?

幅広いジャンルでお仕事したいです。

 

 

夏季休廊、オンラインショップお休みのお知らせ

8月11日(木)~8月18日(木)まで、夏季休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
8月19日(金)以降に順次対応させていただきます。
商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

HB FILE COMPETITION vol.32 河西達也賞 yasuo-range個展「bazaar」

HBファイルコンペvol.32 受賞者展もいよいよ後半! 第5週目の作家さんは河西達也さんの大賞を受賞されたyasuo-rangeさんです。グラフィカルな形とノルタルジックな風合いで風景や人物など自在に表現されるyasuo-rangeさん。ファイル作品は、審査員全員から票が入るという異例の満点受賞でした!リズミカルなカタチと色彩をお楽しみください!

 

 

Q1.今回のテーマをお聞かせください。
今回はひととものが集まる場所という意味で展示タイトルを「bazaar」(バザール)にしました。活動をはじめた頃から、人物と静物をコラージュして組み合わせたような作品をよく描いてきたので、今の感覚であらためてそのシリーズを描いてひとつの空間にまとめてみようと思いました。

 

 

Q2.2年前から描き始めたとのことですが、どんなことからスタートされましたか?
継続してきたことなどありましたらお聞かせください。

もともとアニメーション作品を作ってみたくて制作を始めたのですが、その素材として描いた自分の絵のフォルムがなんとなくしっくり来ず。納得できる形を探るために毎日絵を描いてInstagramにアップしていったのがスタートだと思います。

そのあと色や質感といった要素にも興味が出てきて「色と形と質感」の心地よい組み合わせを模索しながら、実験を繰り返すように描いてきました。

 

Q3.作品作りで心がけていることはどんなことですか?

最近はできるだけ肩の力を抜いて、素直に、自然体で描くように心がけるようになりました。
そのために場所や環境を選んだり、時間の使い方を工夫して気持ちを整えたりと、描く以前の準備の段階にも目を向けるようになったと思います。

 

 

Q4.実際にイラストのお仕事をしてみて、楽しかったこと、難しかったことはありましたか?

お仕事のお話をいただくたびに「自分の作品にこんな使い道があったのか」と驚きや発見があって、それ自体がとても楽しいです。お仕事をとおして得た気づきはそのあとの作品に自然に取り込まれていっている気がします。
またお仕事だからといって緊張しすぎず、いつもどおりに描く、というのが意外と難しいなと感じています。

 

Q5.今後どんな活動をしていきたいですか?

大きな目標のようなものはあえて決めていないのですが、燃え尽きてしまうことなく、できるだけ長く継続して描いてみたいなと思っています。

 

HB FILE COMPETITION vol.32 関戸貴美子賞 丹野杏香個展「庭」 

HBファイルコンペvol.32 受賞者展、第4週目の作家さんは関戸貴美子さんの大賞を受賞された丹野杏香さんです。HBでは初めての個展開催となりました。モノトーンの強く逞しいビジュアルを描かれる丹野さん。今回の個展のために描かれた新作がずらりと並びました!自然の中で生きる人々の暮らしの様子をお楽しみください!

 

 

 

Q1.今回のテーマをお聞かせください。

夏真っ盛りな時期の開催ということもあり、涼みに来られる庭を作るイメージで個展タイトルを「庭」としました。

Q2.作品作りで心がけていることはどんなことですか?

気持ちのいい形をひたすら探ること、アナログでできる限りの綺麗なラインをとること、美しい面をつくることです。

 

 

Q3.イラストレーターになるために頑張ってきたこと、継続してきたことなどありましたらお聞かせください!

できる限り毎日描くことです。

Q4.近年はどんなお仕事をされていますか?

書籍装画やパッケージ、イベントのビジュアルやロゴマークなど。

 

 

Q5.今後やっていきたい活動などありましたらぜひ。

展示活動もやりながら、自分の世界観を活かせるお仕事がしたいです。

HB FILE COMPETITION vol.32 鈴木成一賞 しらや個展「絵は光を待つ」

HBファイルコンペvol.32 受賞者展、第3週目の作家さんは鈴木成一さんの大賞を受賞されたしらやさんです。HBでは初めての個展開催となりました。布や糸、ビーズ、ペイントなどを思い思いに使って制作されるしらやさん。布のほつれや手縫いの表情がさまざまな想像をかきたてます。今回のために制作された作品集も好評販売中!ぜひお立ち寄りくださいませ!

 

 

Q1.今回のテーマや、個展でやってみたかったことをお聞かせください。

以前より布のコラージュ作品だけの展示をしてみたかったので、今回願いが叶いました。

Q2.これまではどのような活動をされていましたか?

ギャラリーやカフェでの展示活動

 

 

 

 

 

Q3.作品作りで心がけていることはどんなことですか?

・そのままを活かすこと
・見えることと同じように見えないことを大事にする

 

Q4.イラストレーションのお仕事でやってみたいこと、
今後やっていきたい活動などありましたらぜひ。

今回は多くの人の力をいただいて実現したことがたくさんあったので、今後は自分の制作物を関係性の中に位置づけることを大切にしたいです。同時に制作物を直に鑑賞していただける機会も続けていけたらと思います。