HB Gallery

Blog

西山竜平個展「うつけのうた」

今週の作家さんは西山竜平さんです。HBでは約2年半ぶり、3回目の個展開催となりました。昨年は、讀賣新聞での連載小説『やさしい猫』の挿絵や、絵本『地球がうみだす土のはなし』の制作で毎日大忙しだった西山さん。そんな中、今回は個展のために描かれた新作を展示して頂きました!西山さんオリジナルの物語「うつけのうた」と共にお楽しみください!

(一方的に喋り続けた石板は、こちらの質問に答えることなく満足そうにサラサラと崩れて砂粒になった。細かく砕け続ける間も、石板に描かれたフクロウと目が合ったままだった。「うつけのうた ―砂どうぶつえん―」)

今回の個展では、これまでやってこなかったことや、やりたかった表現を試みることをテーマに、様々なタッチに挑戦。普段のお仕事ではなかなか新しい試みが出来ずにいたため、自分の絵のイメージが固定してしまわないためにも、これまでやってこなかったことを自分の中に取り込んでみようと思ったそうです。今回の作品は、架空の短編集「うつけのうた」という物語を作り、それぞれの短編に合わせて絵を展開。物語を書いたのは今回が初めてだそうです。

 

 

絵本のお仕事をしたことがきっかけで、物語の絵を描きたいと改めて感じたという西山さん。いつか物語と絵の両方を手掛けるのが夢だそう。装画のお仕事や、新聞小説のお仕事などで様々な文章に触れることが多く、影響を受けることが多々あるそうです。言い回しや伝え方、様々な作家の表現を読み比べられることは、物語に携わる仕事の醍醐味とのこと。

 

 

昨年はアウトプットの年だったそうで、連日、新聞連載の絵のアイデア出しや、絵本の絵を制作する日々だったとのこと。今年はたくさんのことをインプットし、自分のフィルターを通して、またさらにアウトプットすることに集中してみたい、と西山さん。お仕事の絵と自主制作の絵、どちらも大事で、どちらかが欠けてもダメだなと改めて感じるそうです。研究肌な西山さん、自分にどんな表現が出来るのか実験したくなるとのこと。死ぬまでにどんな絵が描けるのだろう、とやりたい表現がまだまだたくさんあるのだそうです。表現の幅を広げて、お仕事でも自分からアプローチしていくのが目標とのこと。

次回は来年の6月に個展開催が決まった西山さん。より自分らしさが見えるようなものを発表できたら、とのことでした。次回の作品もお楽しみに!

(朝の満員ラッシュにほとほと嫌気がさしたわたしは、高速軌道列車での通勤をやめて昔ながらのローカル線を使うことにした。「うつけのうた ―会社員山田のぼるの日常―」)

 

土居香桜里個展「百味礼讃」

今週の作家さんは土居香桜里さんです。初めての個展開催となりました。色鉛筆で描かれた素朴で温かみのある土居さんの作品たち。個展のために描かれた新作や、資生堂パーラーのパッケージや冊子に使用された原画の数々も一堂にご覧頂けます。ぜひお越しくださいませ!

Q1.今回展示された作品やテーマについてお聞かせください。

近年担当した「食」のお仕事の原画をメインに、描き下ろしなどを添えました。影というものに趣があるよねという「陰影礼賛」と同じく、様々な食にも趣があるよねという事で「百味礼讃」というタイトルにしました。

 

Q2.イラストレーターを目指されたのはいつ頃ですか?

Webディレクターとして働いていた2010年です。新宿紀伊国屋書店の1階で本に立てかけられていた「すき・やき」という本の装画に目が離せなくなったんです。担当なさったイラストレーターが「みずうちさとみ」さんと知り、HPをよく見るようになり、そのうちに峰岸達さんが主宰なさっているMJイラストレーションズ塾生である事も知りました。元々絵を描くことは好きだったので、イラストレーター好きが集まる場所に自分も通いたくなったんですが、当時の仕事を続ける限り授業に出席するのは難しかったため、1度諦めました。けれどやっぱりMJ塾の事が頭から離れず、定期的に募集要項のチェックを繰り返し、いろいろ悩んだ末思い切って会社を辞め、2011年5月から通い始めました。

 

Q3.作品を作る上で、心がけていることはありますか?

依頼されて作成する作品は、依頼の本質は何か、期待されているものは何か、イラストレーションで何を解決したいのか、ということを意識しています。技法的には、ラフをしっかり用意したり、水彩色鉛筆の色味が綺麗に出るように白いケントボードを使ったりしています。

 

 

Q4.イラストレーションのお仕事に繋がるきっかけはありましたか?

大きく2つあります。1つは、引っ越しでお世話になった鈴木誠さんという不動産屋さんのブログヘッダーと年賀状用イラストレーションの制作です。これを機に年賀状の仕事を多数いただくようになり、イラストレーターとして実績を積むことができました。また、この方の紹介で久寿餅屋三代目のブログヘッダーも描き、昨年にはオリジナルブランド「江戸久寿餅」のメインビジュアルも担当し、今回の個展でも協賛いただいております。

もう1つは、2012年にMJイラストレーションズ塾の「夏」という課題で描いた、ともろこしの絵です。Pintarestに画像を載せていたら、資生堂パーラーのデザイナーがチェックしてくださっていて、2017年の羽田空港国際線モノレール駅用広告で声をかけてくださいました。それを見た資生堂アートディレクターの花原正基さんがH’or cafeのポスターで起用してくださり、その後資生堂パーラーの商品カタログ表紙を任せてもらったり、様々な食にまつわるお仕事をご依頼いただくようになりました。

 

 

Q5.今後やっていきたいこと、やってみたいお仕事などお聞かせください。

お仕事に関しては、ジャンルを問わずいろいろなものに挑戦したいです。個人的には、時短への取り組みと、祭散歩本の執筆を行い、10年スパンでは水彩画や物語性のある絵・アニメーションなどにも取り組みたいと思っております。

 

大久保つぐみ個展「beautiful town 18℃」

今週の作家さんは大久保つぐみさんです。昨年4月の個展が延期となり、今回待望の開催となりました!普段の生活で見落としてしまうような風景も、大久保さんの手によってきらきらと輝くようなワンシーンに。個展のために制作されたオリジナルグッズも好評販売中です!ぜひ会場でお楽しみくださいませ。

 

HBでは約4年ぶり2回目の個展開催となりました。前回の個展「beatiful town 18時」が根底になっているという今回の作品たち。前作と同じタイトルの絵や、同じ場所を描いたものもあり、それぞれ対応しているものがあるとのこと。

見ない間にどんどん変わっていく街並み。自分が見ることの出来るうちに描きとめたい、そんな気持ちが作品作りのテーマでもあるそうです。街は人が作っているため、有機物と無機物が混ざり合っているところが魅力とのこと。街が生きている、その途中を描いている、と大久保さん。

 

 

日が当たっているところや影を見ると、綺麗だなと感じて描きたくなるそうです。今回は春の展示なので、明るい、はじまりのような雰囲気を意識したとのこと。描かれたのはすべて実際に行った場所や見たもの。描くとき心がけていることは、自分が楽しいと感じることが一番、と大久保さん。描きたい!という衝動を止めずに描くと、終わったときに「こんなものができた!」という驚きがあるそうです。描きたい気持ちが絵に表れ、ここが描きたかったんだなというのが明確になるとのこと。

 


近頃のお仕事は、instagram広告や、CMアニメーション、大学パンフレットの表紙、冊子の挿絵など様々。
展示では毎回、作品テーマや季節に合わせてオリジナルグッズを制作。夏には風鈴を作ったことも。”ワクワクするようなもの”をテーマに「あの時買っておけばよかったな…」と思ってもらえるような、それくらいのものが丁度いい、と大久保さん。

SNSの投稿は、毎日欠かさず、といったルールは決めず、自分がやりたい時にやるとのこと。見てくれた人が「あ、今日見れてラッキー」と思ってもらえるようなものでいい。昨年は意識的に、展示やお仕事で描く以外に、小さな絵を毎日描いていたとのこと。でも、描きたくない時は描かない。これが全てではないので、生きていく上でも「こうしなきゃダメ」と決めない方がいい。そんな考え方をお話してくださいました。限りある日々の一瞬一瞬を大切に、大久保さんの作品から改めて感じられました!

 

 

平野瑞恵個展「Garden」

今週の作家さんは平野瑞恵さんです。HBでは8年ぶり、4回目の個展開催となりました。瑞々しい色彩と筆致が心地よい平野さんの作品。原画ならではの、色の重なりや透明感をぜひお楽しみください!

 

頭の中から溢れ出すイメージが、居心地のよい庭のような、癒しの空間となる画面作りを目指したという今回の作品たち。普段はデザイナーさんのリクエストに応え、お仕事のために描くことが多いそうですが、オリジナル作品は自分の中から自然と出てくるものを表現したい、と平野さん。1枚1枚、どこで描くのをやめるか、いつも筆をとめるところを意識して描かれるそうです。「これで終わり」と絵を完成させることが快感とのこと。

今回は3月の開催ということもあり、春に向かっていく気配や、今のコロナの状況から前進するように、明るい方へ、ということを特に意識しながら制作されたそうです。

 

 

現在、エッセイスト・森下典子さんの連載で見開きイラストレーションを担当されている平野さん。雑誌の挿絵などのお仕事の進め方は、まず誌面レイアウトをもらい、文字がどれくらい配置されるか、イラストレーションが文字にかかっても良いのかを確認。それらを汲んだ上でレイアウトを軸にして描かれるとのこと。装画の場合は、デザイナーさんとのやりとりの中で、色の希望などを確認し、イメージを作っていくそうです。

 

 

8年前の個展から、毎年欠かさずオリジナルカレンダーを制作。お仕事でお世話になった方や関係者へ、お礼の気持ちを込めて送っているそうです。1年を通して見てもらえるツールでもあるため、続けるモチベーションにもなっているとのこと。装画、パッケージ、テキスタイルなど実績も豊富な平野さんですが、新しいお仕事はいつもワクワクするそうです。特にパッケージに興味があるそうで、商品をより良くしてあげられる、力を持った絵にしたいとのこと。これまでの経験を活かし、今後も様々なお仕事にチャレンジしていきたいそうです。

 

花村信子個展「アネモネアンスリウム」

今週の作家さんは花村信子さんです。HBでは初めての個展開催となりました。普段から女性をテーマに描かれる花村さん、今回の絵にはそれぞれ花の名前がつけられました。アネモネ、スズラン、ヒヤシンス、ミモザ…など、一輪挿しの花のように描かれた女性たち。ふわっと香るような独特の存在感をお楽しみください!

「クレマチス」

気になる人や好きな人、集団の中にいても雰囲気で気づく人。その人に対して想いがある人にしか感じられない雰囲気や感覚を絵に表せたらいいな、と花村さん。少し意地悪いところや、可愛いだけじゃない、色々なことを想いながら生きている…そんな女性たちを描きたいと思ったそうです。色を選んでいる時が一番楽しく、完成するまで何回も絵を眺めるとのこと。「これ以上やらない方がいいな」と思った時に絵が完成するそうです。

 

「ウメ」

「ツバキ」

山口県在住の花村さん。絵を描き始めたのは50歳になってからでした。高校生の頃は少女漫画を描かれていて、担当の編集者が付き、デビューのお誘いがあるほどだったそうです。純粋に少女漫画が好きだったというだけで、デビューには気乗りしなかった花村さん、結婚と出産を経験され、25年ほど全く絵を描いていなかった時期もあったとのこと。ふと、「人生で後悔することがないかな?」と考えたとき「また絵を描いてみよう」と思えたそうです。

 

「アイリス」

「バラ」

その後は、東京で開かれている様々なイラストレーション塾を受講。最初の頃は「イラストレーションの概念を一から考え直すように」と厳しい指摘があったことも。それでも諦めずに食らいついて行き、昨年の春には見事、鈴木成一さんがデザインをされた『赤ちゃんをわが子として育てる方を求む』の装画のお仕事へと繋がりました。重たい内容のお話だったそうですが、生まれたばかりの赤ちゃんは何も知らないし、生まれた命はどこでも一緒。そんなまっさらな感じを描きたいと思ったのだそう。

 

 

山田博之さんの塾では「あるものをそのまま描いて」というアドバイスが。そのまま描いているつもりでも、それがなかなか描けなかったとのこと。何枚も何枚も描いては見せ…を繰り返し、少しずつ自分が描く事のできる自然な絵が出てきた、と花村さん。

 

今回展示する絵が定まってきたのは今年の1月頃。「よし、これでいこう」と決め、その後は1日1枚描き進めていったそうです。お仕事も少しずつ依頼が増えており、春にはwebサイトに描かれたイラストレーションも公開されるとのこと。イラストレーションは使われて初めて活かされるものだと思う、と花村さん。人の手を携えて、何かを成し遂げるための一端になり役に立てたら嬉しい、とお話してくださいました。今後益々のご活躍が楽しみです。

HB WORK Vol.2 メールのサーバエラーがありました

HB WORK Vol.2たくさんのご応募ありがとうございました!
3/8(月)の18:38以降にお送りくださった方々、サーバエラーとなりまして大変ご不便をおかけ致しました。
すべて作品届いております。ギャラリーからまだ返信が来てないという方はお手数ですがご連絡くださいませ。

イシイ超サヤニー個展「超巴里」

今週の作家さんはイシイ超サヤニーさんです。ご自身初個展となります。二十世紀前半にフランス・パリで活躍した、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミン グウェイ、ココ・シャネルを中心に、活気あるパリのシーンを描かれました。独特のフォルムと温かみのある色鉛筆のタッチをぜひ原画でご覧頂きたいです!

今回が初めての個展となったサヤニーさん、イラストレーターを目指し始めたのは約5年ほど前だったそうです。元々描いていた絵は、原色をふんだんに使ったカラフルなものだったとのこと。今回のような色使いにしてみようと思ったのは、HB塾に通い唐仁原に絵を見てもらったことだったそうです。「色を変えてみたら?もっとおさえて。」とアドバイスが。実際に描いてみると、自分にすごく合うなと感じたそうです。そのアドバイスを頂けたからこそ描くことができた、とサヤニーさん。色を抑えるにあたり、たとえば、赤系統の色鉛筆だけをテーブルに出し、その色だけしか使わないというルールを決め描き進めていくのだそうです。個展までの期間に150枚程を描き、そこから厳選した作品を展示しました。

 

今回描くにあたり、たくさんの資料を読んだり集めたりされたとのこと。元々、調べることや整理することがお好きだそうで、大変な作業ではなかったそうです。集めた資料を眺める度にこれも描いてみたいなと、次々とアイデアが湧いてくるのだそう。

 

2015年まで海外に滞在されていたサヤニーさん。以前からモノ作りが好きで、特に彫刻がお好きだったとのこと。日本へ戻って来てからは自分のやりたいことがわからない日々が続いていたそうですが、翌年ふと「イラストレーションを描きたい」と思ったそうです。基礎やデッサンの経験もなくスタートしたそうですが、遅いスタートだからこそ頑張らなきゃと思ったとのこと。

ほぼ毎日描き続ける日々だったそうですが、とても勉強になり楽しめたそうでう。今できる最大限の力で描き切ったサヤニーさん、今後どんなお仕事でも幅広くやってみたいとのこと。益々のご活躍が楽しみです!

OCO個展「today」

今週の作家さんはOCOさんです。HBでは初めての個展開催となりました。紙を使ったコラージュとドローイングによって作品を構成されるOCOさん。人々の営みが感じられるような、味わい深い世界観をお楽しみください。

「この街」

 

「today」と題された今回の作品たちは、個展までの日々、毎日紙を貼り積み重ねてきた記録として描かれたそうです。ぜひ原画で感じて欲しい、とOCOさん。日頃から建築物や風景を撮影することがお好きだそうで、撮りためた数多くの写真から、作品作りの最初のきっかけをもらうそうです。色は貼りながら感覚で決めていくとのこと。人の生活が感じられるような空間を描けるようにしたいという目標から、ここ数年は風景の中に人物を描くことにも挑戦されていたそうです。

 

「裏道さんぽ」

「明日をつくる今日」

上の絵は一度絵を壊したことで生まれた作品とのこと。家を描こうと思い描き進めていたところ、イラストボードの表面を剥がした際、灰色の下地が見えたことがきっかけで全く別の絵に。剥がれた箇所がコンクリートのような質感に見え、解体現場の絵にしようと思いついたとのこと。いい偶然や混沌としたところから制作意欲が出てくるんです、とOCOさん。

 

「あの街」

紙は以前から集めていたものを使用したり、チラシやクーポン券の一部など、生活の中で手にする何気ないものが多いとのこと。また、海外へ行った友人がお土産でくれたお菓子の包みなど、人からもらった紙を使うとやる気が出るとのこと。自分の生活圏でコレクションをしていると範囲が狭くなるそうで、人からもらうと新しい風が入って来たような感覚になるそうです。

イラストレーションのお仕事はこれからというOCOさん。作風を理解してくださる方がいたら嬉しいとのこと。今後のご活躍が楽しみです。

 

「ルーティン」

 

仲條正義個展「仲條正義 二十一」展

今週の作家さんは、アートディレクターの仲條正義さんです。

作品は個展のために描き下ろされたオール新作。更にパワーアップした仲條ワールドを是非ご堪能下さい!

↑『仲條 NAKAJO』(ADP)

新刊の作品集『仲條 NAKAJO』(ADP) も期間中ギャラリーにてご購入いただけます。残り僅かとなっておりますので、お早めにどうぞ!

 

菅幸子個展「死出の山」

今週の作家さんは菅幸子(さすが)さんです。HBでは2度目の個展開催となりました。「生きることと死ぬことは紙一重」という、さすがさんの死生観をテーマにされた今回の作品たち。死出の山で出会う数々の言葉と共にお楽しみください!

 

 

【死出の山】= 人が死後に行く冥土にあるという険しい山のこと。

昨年夏、初めて奥多摩の鍾乳洞へ行かれたという菅幸子(さすが)さん。そこには、あの世を設定したような世界観の「死出の山」というコースがあったそうです。初めて目にした「死出の山」という言葉。そのインパクトが忘れられず、今回の個展のテーマに至ったとのこと。

 

 

 

描かれたのは生死を彷徨う1人の主人公が死出の山を巡る物語。作品内に出てくる「どこかで見た事のある世界だな」という言葉には、人間としては初めてここに来たけれど魂としては何度もこの場所に来ている、というデジャヴを描かれているそうです。最後の作品には「continue」と綴られ、再び最初の作品へ。死んだ人間の魂が何度も繰り返される様を表現されました。

今回の作品を「全体的によくわからない、見たことのない世界」と菅幸子(さすが)さん。体は無くなっても、魂はずっと繰り返され、終わりはないのかなと思うそうです。どこか懐かしいような、夢のような不思議な世界。地獄へ行き険しい道のりをくぐり抜けた先に、魂が浄化され生まれ変わることもあるのではないかと。そんなテーマとのギャップが楽しい、菅幸子(さすが)さんの描く地獄と極楽のキャラクターたち。線画は下書きをせず、伝えたいテーマが先にありそこに気持ちをのせて描かれるとのこと。二度と同じ線は描くことができないため、一発目に描いた良い線を活かしたいそうです。

2017年に初個展を開催。その後は年1回のペースで開催し、常に一貫したテーマで自分自身のことをテーマにされています。前回の個展「つらいことばかり」では日常の繰り返される、自分の人生について思いを巡らせて描かれました。コロナ期間で、生きること死ぬことについて考えることの多い昨今。死生観というテーマは、性別も年齢も問わず、みんなに共通する普遍的なテーマ。答えは出ないけれど、いつも自分の中でその年に思ったことを個展で発表するようにしているとのこと。

 

 

昨年は仕事が仕事を呼び、美容にまつわるお仕事など第三者の人が自分に合う道を拓いてくれた、と菅幸子(さすが)さん。描き方は違ってもどれも自分の絵。面白さを武器にこれからもたくさんお仕事をしていきたいとのことでした!今後ますますのご活躍が楽しみです。