HB Gallery

Blog

仲條正義個展「仲條正義 二十一」展

今週の作家さんは、アートディレクターの仲條正義さんです。

作品は個展のために描き下ろされたオール新作。更にパワーアップした仲條ワールドを是非ご堪能下さい!

↑『仲條 NAKAJO』(ADP)

新刊の作品集『仲條 NAKAJO』(ADP) も期間中ギャラリーにてご購入いただけます。残り僅かとなっておりますので、お早めにどうぞ!

 

菅幸子個展「死出の山」

今週の作家さんは菅幸子(さすが)さんです。HBでは2度目の個展開催となりました。「生きることと死ぬことは紙一重」という、さすがさんの死生観をテーマにされた今回の作品たち。死出の山で出会う数々の言葉と共にお楽しみください!

 

 

【死出の山】= 人が死後に行く冥土にあるという険しい山のこと。

昨年夏、初めて奥多摩の鍾乳洞へ行かれたという菅幸子(さすが)さん。そこには、あの世を設定したような世界観の「死出の山」というコースがあったそうです。初めて目にした「死出の山」という言葉。そのインパクトが忘れられず、今回の個展のテーマに至ったとのこと。

 

 

 

描かれたのは生死を彷徨う1人の主人公が死出の山を巡る物語。作品内に出てくる「どこかで見た事のある世界だな」という言葉には、人間としては初めてここに来たけれど魂としては何度もこの場所に来ている、というデジャヴを描かれているそうです。最後の作品には「continue」と綴られ、再び最初の作品へ。死んだ人間の魂が何度も繰り返される様を表現されました。

今回の作品を「全体的によくわからない、見たことのない世界」と菅幸子(さすが)さん。体は無くなっても、魂はずっと繰り返され、終わりはないのかなと思うそうです。どこか懐かしいような、夢のような不思議な世界。地獄へ行き険しい道のりをくぐり抜けた先に、魂が浄化され生まれ変わることもあるのではないかと。そんなテーマとのギャップが楽しい、菅幸子(さすが)さんの描く地獄と極楽のキャラクターたち。線画は下書きをせず、伝えたいテーマが先にありそこに気持ちをのせて描かれるとのこと。二度と同じ線は描くことができないため、一発目に描いた良い線を活かしたいそうです。

2017年に初個展を開催。その後は年1回のペースで開催し、常に一貫したテーマで自分自身のことをテーマにされています。前回の個展「つらいことばかり」では日常の繰り返される、自分の人生について思いを巡らせて描かれました。コロナ期間で、生きること死ぬことについて考えることの多い昨今。死生観というテーマは、性別も年齢も問わず、みんなに共通する普遍的なテーマ。答えは出ないけれど、いつも自分の中でその年に思ったことを個展で発表するようにしているとのこと。

 

 

昨年は仕事が仕事を呼び、美容にまつわるお仕事など第三者の人が自分に合う道を拓いてくれた、と菅幸子(さすが)さん。描き方は違ってもどれも自分の絵。面白さを武器にこれからもたくさんお仕事をしていきたいとのことでした!今後ますますのご活躍が楽しみです。

 

浜野令子個展「Mutation」

今週の作家さんは浜野令子さんです。HBでは初めての個展開催となりました。いつかどこかで見たモノや景色、記憶の断片をたぐり寄せるように描かれる浜野さん。頭の中に次々と浮かんでくるイメージを自由に表現されました。美しく妖艶な線画の数々をお楽しみください!

 

ノートの隅や日記などに、よく落書きを描いているという浜野さん。今回の作品はそんな落書きの延長のような自由な気持ちで、浮かんできたイメージを描き進めていったとのこと。自分の目で見たものや、 断片的な記憶として残っているものたちが、落書きの中に流れ出てくるそうです。描かれるものたちは想像上の生物が多く、普段見ているものが記憶の中の別のものと結びつき、また別の違う形となり表れる。断片的なイメージを拡張していくように描かれるそうです。

 

 

イギリスの大学で絵画を学ばれていた浜野さん。木炭と墨汁を用いて制作されるなど、モノトーンの表現はその頃から好んで描かれていたとのこと。博物館や美術館、小さなプライベートの博物館のような場所もたくさん見て回られていたそうで、その当時の記憶も作品に影響しているようです。

 

卒業後、帰国してからも絵を続けられていた浜野さん、イラストレーションを本格的に意識し出したのは2年半程前からとのこと。普段描いていた落書きを「この絵で続けてみたら?」とアドバイスをくださったのがイラストレーターの山田博之さんでした。山田さんのイラストレーション塾へ通われたことで、楽しく描き続けることができる現在のスタイルをみつけられたそうです。

イラストレーションのお仕事はこれからという浜野さん。装画やお菓子のパッケージ、テキスタイル、ファッションやジュエリーの広告など、幅広く手掛けてみたいそうです!今後の作品も楽しみです。

才村昌子銅版画展「The winds awaken ―風が目覚める― 」

今週の作家さんは才村昌子さんです。HBでは初めての個展開催となりました。日々の生活での気づきや、詩や音楽から生まれたイメージを銅版画で自由に表現されました!版の重なり、インクの違いによる表情の変化もお楽しみください。

「ライオン少女」

 

Q1.今回の個展のテーマについてお聞かせください。

二十代後半での初個展以降、書籍装画や挿絵の仕事が来るようになったのですが、その後しばらくデザインの仕事に重点を置いていたこともあり、描くことを楽しめない時期が長かったように思います。完成度を求めて銅版画制作自体も精神的鍛錬のような、そんな堅苦しい感覚でした。

昨年秋にピアノリサイタルの告知ツールのデザインの依頼をいただいたき、その音源を聴きながら銅版画を制作した際、
音楽から大きなインスピレーションを得て、風が通り抜けるような自由で解き放たれた感覚が目覚めました。その時生まれたのが、今回の個展にも出展しているネコピアノ、ピアノネコ(二版の色を入れ替えて刷り上げたもの)です。私にしては珍しく肩の力の抜けた作品となり、音楽家やリサイタルのお客様にも大好評をいただきました。

今回の個展のタイトル『The winds awaken』は、 W.B.イェーツの『妖精の群』という詩の一節から付けました。
妖精が野山を通り抜ける際にThe winds awaken(風が目覚め)、「俗世の煩わしさを捨て去って、こちらの世界へ来てごらんなさい、逃げていらっしゃいよ!」と誘うのです。そのような誘いに乗って心赴くままイメージを遊ばせ制作していきたいと思い、本展のテーマ、タイトルとしました。

「ピアノネコ」

「青い少女」

 

Q2.銅版画はいつ頃から始められたのですか?また、銅版画の楽しいところなど、魅力をお聞かせください。

銅版画を始めたのは10年ほど前のことです。デザインの仕事をしていると、印刷物が大量に刷られ、瞬く間に消耗され役割を終えていくことに、違和感を覚えるようになりました。

その真逆を行くような、500年以上前の複製技術である銅版画は、描いた版を腐食させインクを詰め、余分なインクを拭き取り、一枚ずつプレス機の圧で刷り上げます。この手間暇かかるプロセスには、物事を伝達し共有することの原初の熱のようなものを感じます。深く腐食された銅版の窪みはより多くのインクを含み、紙に刷り上げるとインクの盛り上がりに光がキラキラ反射し、なんとも魅力的な物質感を湛えます。

また描くだけでなく、製版や刷りの職人的な手業にも魅力を感じます。気温や酸の濃度に左右されコントロールが難しい反面、制作過程での実験を繰り返すことで、思いもよらぬ効果や偶然の美との出会いがあり、そこからまた創る喜びや楽しさが生まれます。それから、絵の具で描いていた時の作品は売れてしまうと手元に残りませんが、銅版画は版があるので、自分用に刷れて手元に残せることも嬉しいところもポイントです。

 

「花影の記憶」

 

Q3.作品を作る上で、心がけていること、大切にされていることは何ですか?

日々の散歩の風景や音楽、自分を取り巻くモノやカタチが、断片的な光と影の合間に浮かび上がったり沈んだり、見えたり見えなかったり、その移り変わる現象の面白さを描いたり消したり、思い出したり忘れたり・・・そんなイメージの遊びを作品にしたいと思って制作しています。

 

Q4.これまでどんなお仕事を手掛けられてきましたか。

私の装画でのデビューは、単行本で林真理子さんの「初夜」(文藝春秋)で、以後は人間性の深い部分を描き出すような小説の人物像を描く依頼が続きました。

抽象的な表現は、主にCDジャケットの仕事が多いです。3歳からバイオリンをやっていたこともあり、目を瞑ってバイオリンを弾くと風景や色彩のイメージが浮かび上がるのを面白く感じてました。ジャケットの仕事は、まず音源をいただいてその音楽を聴きながらビジュアルを制作しデザインまで落とし込むのですが、子供の頃からバイオリンを弾いて感じていた感覚が、そのまま視覚表現になったような感じがします。2015年に音楽家とのコラボレーションアルバム、花影の小径~堤聡子 (ピアノ) × 才村昌子 (銅版画) の世界~(ワオンレコード)もリリースされています。

 

「樹木の夢(水玉の物語)」

 

Q5.今後やっていきたいこと、やってみたいお仕事などお聞かせください。

書籍の表紙を描き、デザインまで手がけることをやりたいと思っています。また、来年ピアノと銅版画作品集のアルバムのリリースが決定しており、銅版画の世界観をより深めていきたいと思います。詩と銅版画展などもやりたいですね。

丸山礼華個展「Liberté」

今週の作家さんは丸山礼華さんです。HBでは初めての個展開催となりました。Liberté=自由 をテーマに、色やカタチ、画材にとらわれず思い思いに描かれました。原画ならではのライブ感のあるタッチをお楽しみください!

「リベルテ」

これまでの作品は鉛筆やApple Pencilで描かれてきた丸山さん、今回の個展に向けて初めて絵の具にチャレンジされたそうです。テイスト、画材も色々と試して自由に表現してみたかったとのこと。普段はwebデザインのお仕事をされているため、デジタル操作の方がお得意とのことですが、絵の具はまだまだ表現の幅が広がりそう、と丸山さん。

 

「無題」

「顔 5 」

絵の具で描くきっかけとなったのは、鈴木成一さんの装画塾を受講されたことだったそうです。ゲラを読んで装画を描くにあたり、デジタルの表現では合わない、軽いものになってしまうのではと感じたとのこと。以前から絵の具での表現に挑戦してみたかったこともあり、題材に合う絵を目指そうと思い思い切って画材を変えてみたそうです。まだ研究中だけれど、顔を描くことが好きなので色々な顔を描くことに挑戦したいとのこと。

 

 

絵の具は苦手意識があったけれど、思っていたよりも楽しく描くことができた、と丸山さん。枠にとらわれずに、描きたい絵によってデジタルと絵の具を使い分けていきたいそうです。画材が変わっても同じ人が描いた絵とわかるような絵を目指したい、とのこと。装画、ファッション、絵本など色々なお仕事をやってみたいそうです。今後の作品も楽しみです!

 

黒崎威一郎個展「VIEW」

今週の作家さんは黒崎威一郎さんです。初めての個展開催となりました。一昨年のHBファイルコンペでは仲條正義特別賞を受賞。スクリーントーンやカラートーンを切り貼りして描かれている黒崎さん。点や線などのミニマルな要素で作られた、楽しく心地よい景色をお楽しみください!

 


 

普段から景色やモノを眺めることがお好きだという黒崎さん。日差しの角度が綺麗だなと、ぼーっと何も考えずに眺めているなんてことも。今回はそんな眺めの心地よさをテーマにされました。描かれたのは架空の景色ですが、資料となったのはGoogleのストリートビューだったそうです。気に入った景色をスクリーンショットで保存し、そこから絵をイメージ。海外の博物館の中へ入りぐるっと一周りすることもできたそうです。

 

切り貼りの手法からパースはほとんどなく、平面的でおもちゃのような描き方が特徴。水彩で絵を描いていた時期もあったそうですが、色を作りだすのが難しく、描き直せないというプレッシャーもあったとのこと。
今の手法になったきっかけは、漫画を描いていたときに使用していたスクリーントーンでした。2枚重ねるとモアレのようになったり濃淡が出せることに気づき、そこから夢中になったそうです。ペンは使わないため”描く”という行為から少し離れて楽しめる。位置をずらしたり、貼り直せるところも自分の性格に合っていた、と黒崎さん。幼い頃にレゴで遊んでいた時の感覚と近く、これとこれを組み合わせるとどうなるかな?という気持ちで描くのだそう。今回はこれまでに描いたことのなかったモチーフや、夜の景色にも挑戦されました。

 

2012年、チョイスの大貫卓也さんの審査で入選に選ばれたことが絵を続けるきっかけになったそうです。ここ数年でカラー作品も描くことが出来るようになり、ますます表現の幅が広がった黒崎さん。レコード集めが趣味だそうで、いつかジャケットを描くことが目標だそう。カラーの色はPCで着彩することもありデータ上での制作も可能とのこと。今年はぜひ絵のお仕事をしたい!と黒崎さん。今後のご活躍が楽しみです!

 

粟辻早重個展「人。っていいな~」

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年のスタートを飾るのは、人形作家の粟辻早重さんです。HBでは初個展となりました。
ユニークなフォルムで描かれた可愛らしい木のお人形たち。粟辻さんの大切なご友人、ご家族がモデルです。後ろ姿もとてもチャーミングな、遊び心いっぱいの作品をお楽しみくださいませ!

 

長友啓典さん/グラフィックデザイナー
「長友さんを偲ぶ『トモさんカップ』突然の依頼で作品づくりが始まりました。とてもとても器の大きかった長友さん。何度も描き直して、試行錯誤して。今回の個展の出発点です。」

長友さんの作品づくりをきっかけに、人をモデルに作り始めたという粟辻さん。まずはご本人に写真を撮らせてもらうところからスタートするそうです。男性方は「作品を作らせて欲しいのでお写真を撮らせて」と言うと、小学生みたいに可愛くなるの!と粟辻さん。どの作品も愛情たっぷりに描かれました。

小池一子さん/クリエイティブディレクター
「長い長いお付き合いの大切な人。昨年はお会いできませんでしたね。」

 

栗原はるみさん/料理家
「なにしろ親切で優しくて。はるみさん、いつもありがとう!」

写真を撮らせて頂いたあとは、スケッチからはじまるそうです。ご自分で「似てるな!」と納得がいくまで、何度も描き直すとのこと。「でも、似ているだけではダメなの。これだけは何とも言えないんだけれど」と粟辻さん。ユニークな体のフォルムは自然と湧き出てくるのだそうです。

 

中道淳さん/フォトグラファー
「岡持ちにカメラ。出前姿で突然と現れるキッチンパンチさん。笑」

仲條正義さん/グラフィックデザイナー
「色褪せることなく、色っぽいデザインにいつもドキドキします。」

もっともっと描きたい人がいたのだけどなかなかチャンスが無かった、と粟辻さん。
見ているだけで元気が出てくる作品たちです。展示は1/13(水)まで(最終日のみ17時まで)です。お見逃しなく!

 

冬期休廊、オンラインショップお休みのおしらせ

まことに勝手ながら、
12月24日(木)~ 1月7日(木)まで、冬期休廊とさせて頂きます。
それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
1月8日(金)以降に順次対応させていただきます。
商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

牧野伊三夫展「薮のなか」

今週の作家さんは年末の恒例、牧野伊三夫さんです。HBでは19回目の個展開催となりました。
今年描かれた新作の数々と、発売されたばかりの新刊『アトリエ雑記』の販売も。牧野さんの原画を拝見したあと、必ず読んでみたくなること間違いなしの1冊です!ぜひ会場でお手に取ってご覧くださいませ!

 

「私は、あなたのお菓子になりたい b」

「名曲喫茶でんえん」

 

「壊れても惜しくないものに囲まれて暮すことによって生じる喪失感について」

 

「太陽」

 

新刊『アトリエ雑記』と、牧野さん直筆のポップ。
雑誌や新聞で連載されていた文章と絵を収録。絵についてのお話、牧野さんのご友人との思い出、お料理やお酒にまつわる楽しいお話…などなど。刊行にあたり大幅に改稿されたとのこと。連載を読まれていた方は二度楽しめる1冊に!

 

 

平面作品の他、牧野さんが絵付けをされた湯町窯の絵皿や、唐津焼、九谷焼の絵皿なども。
牧野伊三夫展「薮のなか」は12/23(水)まで(最終日のみ17時まで)です。
ことしも牧野さんの絵を見て1年を終えたいですね。ぜひお越しくださいませ。

カワタアキナ個展「間にあるもの」

今週の作家さんはカワタアキナさんです。初めての個展開催となりました。第六回東京装画賞で金賞に輝いた今注目の作家さんです。小説からインスピレーションを得て描かれた新作や、これまで手掛けられた装画作品を一堂にご覧頂けます。iPadで描かれた神秘的な世界観をお楽しみください!

 

「TSUGUMI」

既存の物語(小説など)をモチーフに、人と人の間に生まれる「何か」を解釈し、絵と空間に落とし込むことを試みたという今回の個展。新作は2枚1組の対構成となっていて、個展ならではの空間演出も見どころです。

5~6年程前から装画を描きたいと思い、本格的に絵を始めたというカワタさん。これまでも本を意識して描かれていたそうですが、日本を題材にした物語が多かったため、今回は様々な国の物語に挑戦。ドイツ、パレスチナ、モンゴルなど国や人種を意識して物語を選び、読むことから始めたそうです。作品タイトルにはそれぞれの小説のタイトルがつけられています。

 

「なにかが首のまわりに」

現在、デザイナーとして会社勤めをしながらイラストレーターの活動をされているカワタさん。元々Webデザインのお仕事をされていたためデジタルツールはお得意だったとのこと。その流れで、絵も自然とデジタルで表現されるようになったそうです。現在はiPadで制作。目の表現などつい描きすぎてしまう、とカワタさん。語り過ぎないよう意識されているそうです。

 

「スーホの白い馬」

現在の描き方になったのは、4年程前に鈴木成一装画塾へ通われたことがきっかけでした。当時は課題に対して様々な描き方を試していたとのこと。その中から「これいいね」と選んでもらえたのが現在のタッチだったそうです。自分が好きな絵と、自分に合う絵は違うんだと、気づかされたそう。課題本となった『真夜中の子供』(辻仁成著)で見事装画デビューされました。

人物を描く際には、実際にポージングをして確かめたり、様々な写真を資料にして描かれるそうです。 小説の場合は登場人物を想像して描きつつ、人物の写真を参考に現実的な骨格やラインも確認するとのこと。今回は若者を描くことが多かったので、次はおじいちゃんやおばあちゃんを描くことに挑戦してみたい、とカワタさん。今後の作品も楽しみです!

 

「ふたりのロッテ」