HB Gallery

Blog

黒崎威一郎個展「VIEW」

今週の作家さんは黒崎威一郎さんです。初めての個展開催となりました。一昨年のHBファイルコンペでは仲條正義特別賞を受賞。スクリーントーンやカラートーンを切り貼りして描かれている黒崎さん。点や線などのミニマルな要素で作られた、楽しく心地よい景色をお楽しみください!

 


 

普段から景色やモノを眺めることがお好きだという黒崎さん。日差しの角度が綺麗だなと、ぼーっと何も考えずに眺めているなんてことも。今回はそんな眺めの心地よさをテーマにされました。描かれたのは架空の景色ですが、資料となったのはGoogleのストリートビューだったそうです。気に入った景色をスクリーンショットで保存し、そこから絵をイメージ。海外の博物館の中へ入りぐるっと一周りすることもできたそうです。

 

切り貼りの手法からパースはほとんどなく、平面的でおもちゃのような描き方が特徴。水彩で絵を描いていた時期もあったそうですが、色を作りだすのが難しく、描き直せないというプレッシャーもあったとのこと。
今の手法になったきっかけは、漫画を描いていたときに使用していたスクリーントーンでした。2枚重ねるとモアレのようになったり濃淡が出せることに気づき、そこから夢中になったそうです。ペンは使わないため”描く”という行為から少し離れて楽しめる。位置をずらしたり、貼り直せるところも自分の性格に合っていた、と黒崎さん。幼い頃にレゴで遊んでいた時の感覚と近く、これとこれを組み合わせるとどうなるかな?という気持ちで描くのだそう。今回はこれまでに描いたことのなかったモチーフや、夜の景色にも挑戦されました。

 

2012年、チョイスの大貫卓也さんの審査で入選に選ばれたことが絵を続けるきっかけになったそうです。ここ数年でカラー作品も描くことが出来るようになり、ますます表現の幅が広がった黒崎さん。レコード集めが趣味だそうで、いつかジャケットを描くことが目標だそう。カラーの色はPCで着彩することもありデータ上での制作も可能とのこと。今年はぜひ絵のお仕事をしたい!と黒崎さん。今後のご活躍が楽しみです!

 

粟辻早重個展「人。っていいな~」

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年のスタートを飾るのは、人形作家の粟辻早重さんです。HBでは初個展となりました。
ユニークなフォルムで描かれた可愛らしい木のお人形たち。粟辻さんの大切なご友人、ご家族がモデルです。後ろ姿もとてもチャーミングな、遊び心いっぱいの作品をお楽しみくださいませ!

 

長友啓典さん/グラフィックデザイナー
「長友さんを偲ぶ『トモさんカップ』突然の依頼で作品づくりが始まりました。とてもとても器の大きかった長友さん。何度も描き直して、試行錯誤して。今回の個展の出発点です。」

長友さんの作品づくりをきっかけに、人をモデルに作り始めたという粟辻さん。まずはご本人に写真を撮らせてもらうところからスタートするそうです。男性方は「作品を作らせて欲しいのでお写真を撮らせて」と言うと、小学生みたいに可愛くなるの!と粟辻さん。どの作品も愛情たっぷりに描かれました。

小池一子さん/クリエイティブディレクター
「長い長いお付き合いの大切な人。昨年はお会いできませんでしたね。」

 

栗原はるみさん/料理家
「なにしろ親切で優しくて。はるみさん、いつもありがとう!」

写真を撮らせて頂いたあとは、スケッチからはじまるそうです。ご自分で「似てるな!」と納得がいくまで、何度も描き直すとのこと。「でも、似ているだけではダメなの。これだけは何とも言えないんだけれど」と粟辻さん。ユニークな体のフォルムは自然と湧き出てくるのだそうです。

 

中道淳さん/フォトグラファー
「岡持ちにカメラ。出前姿で突然と現れるキッチンパンチさん。笑」

仲條正義さん/グラフィックデザイナー
「色褪せることなく、色っぽいデザインにいつもドキドキします。」

もっともっと描きたい人がいたのだけどなかなかチャンスが無かった、と粟辻さん。
見ているだけで元気が出てくる作品たちです。展示は1/13(水)まで(最終日のみ17時まで)です。お見逃しなく!

 

冬期休廊、オンラインショップお休みのおしらせ

まことに勝手ながら、
12月24日(木)~ 1月7日(木)まで、冬期休廊とさせて頂きます。
それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
1月8日(金)以降に順次対応させていただきます。
商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

牧野伊三夫展「薮のなか」

今週の作家さんは年末の恒例、牧野伊三夫さんです。HBでは19回目の個展開催となりました。
今年描かれた新作の数々と、発売されたばかりの新刊『アトリエ雑記』の販売も。牧野さんの原画を拝見したあと、必ず読んでみたくなること間違いなしの1冊です!ぜひ会場でお手に取ってご覧くださいませ!

 

「私は、あなたのお菓子になりたい b」

「名曲喫茶でんえん」

 

「壊れても惜しくないものに囲まれて暮すことによって生じる喪失感について」

 

「太陽」

 

新刊『アトリエ雑記』と、牧野さん直筆のポップ。
雑誌や新聞で連載されていた文章と絵を収録。絵についてのお話、牧野さんのご友人との思い出、お料理やお酒にまつわる楽しいお話…などなど。刊行にあたり大幅に改稿されたとのこと。連載を読まれていた方は二度楽しめる1冊に!

 

 

平面作品の他、牧野さんが絵付けをされた湯町窯の絵皿や、唐津焼、九谷焼の絵皿なども。
牧野伊三夫展「薮のなか」は12/23(水)まで(最終日のみ17時まで)です。
ことしも牧野さんの絵を見て1年を終えたいですね。ぜひお越しくださいませ。

カワタアキナ個展「間にあるもの」

今週の作家さんはカワタアキナさんです。初めての個展開催となりました。第六回東京装画賞で金賞に輝いた今注目の作家さんです。小説からインスピレーションを得て描かれた新作や、これまで手掛けられた装画作品を一堂にご覧頂けます。iPadで描かれた神秘的な世界観をお楽しみください!

 

「TSUGUMI」

既存の物語(小説など)をモチーフに、人と人の間に生まれる「何か」を解釈し、絵と空間に落とし込むことを試みたという今回の個展。新作は2枚1組の対構成となっていて、個展ならではの空間演出も見どころです。

5~6年程前から装画を描きたいと思い、本格的に絵を始めたというカワタさん。これまでも本を意識して描かれていたそうですが、日本を題材にした物語が多かったため、今回は様々な国の物語に挑戦。ドイツ、パレスチナ、モンゴルなど国や人種を意識して物語を選び、読むことから始めたそうです。作品タイトルにはそれぞれの小説のタイトルがつけられています。

 

「なにかが首のまわりに」

現在、デザイナーとして会社勤めをしながらイラストレーターの活動をされているカワタさん。元々Webデザインのお仕事をされていたためデジタルツールはお得意だったとのこと。その流れで、絵も自然とデジタルで表現されるようになったそうです。現在はiPadで制作。目の表現などつい描きすぎてしまう、とカワタさん。語り過ぎないよう意識されているそうです。

 

「スーホの白い馬」

現在の描き方になったのは、4年程前に鈴木成一装画塾へ通われたことがきっかけでした。当時は課題に対して様々な描き方を試していたとのこと。その中から「これいいね」と選んでもらえたのが現在のタッチだったそうです。自分が好きな絵と、自分に合う絵は違うんだと、気づかされたそう。課題本となった『真夜中の子供』(辻仁成著)で見事装画デビューされました。

人物を描く際には、実際にポージングをして確かめたり、様々な写真を資料にして描かれるそうです。 小説の場合は登場人物を想像して描きつつ、人物の写真を参考に現実的な骨格やラインも確認するとのこと。今回は若者を描くことが多かったので、次はおじいちゃんやおばあちゃんを描くことに挑戦してみたい、とカワタさん。今後の作品も楽しみです!

 

「ふたりのロッテ」

 

山崎綾子個展「森が香るおくりもの」

今週の作家さんは山崎綾子さんです。HBでは初個展となりました。
むくむくと動き出しそうな山や木々と、そこで穏やかに暮らす動物たち。ひとつの場所で、すれ違いながらも日々を過ごす生き物たちを描かれました。山崎さん久しぶりの個展です!心のままに描かれた作品をお楽しみください!

 

「ぐんぐん わくわく 森が香る」

 

街を歩いていたり、日々過ごす中でふとした場所で出会ったもの。それらに、朗らかな気持ちになったり、力をもらったり、心を動かされる。そんな想いをテーマにされたそうです。

同じ道を通った他の人も、また違ったことを感じている。そんなことを思いながら、とある森でのひとときを描かれました。同じ場所で、違う時を過ごすさまざまな生き物たち。定点で捉えられた日々の描き方がユニークです。

 

「だいじに心を育てる」

「きれいな今宵は清らかな心をもらえる」

 

言葉を綴ることもお好きだという山崎さん。今回はそれぞれの絵に短い文章が添えられました。詩や言葉に興味をもつようになったのは、お父さまの影響だそう。詩集をはじめ、竹久夢二や山下清の本を与えてもらっていたとのこと。それらの絵と言葉が今も心に残っているそうです。

植物と出会うのと同じように、色々な人と出会ったり、すれ違ったりして感じることで得たものが多い、と山崎さん。その心で今回の作品を描かれたとのこと。

 

同じ森の同じ道ですれ違っているさまざまな動物たち。

木は人のようなイメージ、と山崎さん。踊っていたり、微笑んでいたり、見守っていたり…心の中ではそんなふうに思って描かれているそうです。

「今日生まれるすてきな時 いってらっしゃい」

久しぶりの個展開催。いつかやりたいと思っていたそうですが、2年前、まわりの人の展示にも影響を受け、ふとした時にやってみようと思ったそうです。今年はこういう状況の中で、個展をやった方が良いのかどうか…迷いながらも友人の言葉に力をもらったとのこと。それらがあって今日を迎えられたと感じるそうです。

日々過ごしてきた中で画材も色も変化してきたので、これからも新たなものを生み出していきたい、と山崎さん。自分を育てながら絵も育てていきたい、とお話してくださいました。今後の作品も楽しみです!

 

「今日美しいのはめぐりめぐってとどく力」

収穫祭 谷山彩子個展「Santé!」

今週は毎年恒例ココ・ファーム・ワイナリーさんとの企画展、収穫祭です。ワインラベル制作をイラストレーターさんやデザイナーさんにお願いし、それに伴い個展を開催して頂きます。今年の収穫祭記念ワインは谷山彩子さんに制作いただきました。会場には目で楽しむ、色とりどりに楽しいワインに合うおつまみが登場!お楽しみに!

 

 

 

 

 

<イラストレーション: 谷山彩子 /デザイン: HBスタジオ>

ワインはココファームオンラインショップで販売中です。
https://cocowineshop.com/

葡萄畑で遊んでいる様子がなんともかわいらしいキャラクターたち!
数量限定の特別なワインですのでお見逃しなく!

 

 

「ワインにかかせないおつまみといえば?」
谷山さんがお知り合いの方々にアンケートをとり描かれた作品の数々。
チーズ、牡蠣、ラムチョップ、ピクルス、アヒージョ、醤油麹 … 意外なおつまみも登場?!

 

谷山さんの新作絵本『十二支えほん』のお披露目も。(会場で予約販売中。クリスマス頃のお届けです)
十二支の由来や干支の意味が楽しく学べる1冊。谷山さんが一から調べて、文章も書かれました。前作『文様えほん』につづく新しい知識絵本です!

収穫祭 谷山彩子個展「Santé!」は12/2(水)までです。(最終日のみ5時まで) ぜひお立寄りくださいませ!

小林マキ個展「BON VOYAGE」

今週の作家さんは小林マキさんです。HBでは約4年ぶり2回目の個展開催となりました。ホリデーシーズンに相応しい、華やかでわくわく感いっぱいの作品たち。水彩や線画など幅広く描かれる、小林さんの様々なタッチが楽しめます!新作のオリジナルグッズもお見逃しなく!

 

Q. 今回の展示テーマをお聞かせください。

A.クリスマスシーズンの冬の冷たさの中のキラキラワクワクした雰囲気をテーマにしました。

 

 

旅をテーマ描かれた、雪男の親子がなんともかわいらしい作品たち。原画の美しさも必見です!

 

Q.フリーランスで長くご活躍されている小林さん。続けるコツはありますか?

A.私は子育て期間中、ローペースに仕事していたので、長く活躍していたとは言えないのですが、頂いた仕事をきちんと仕上げ続けること、コツコツとでも前に進めるように、柔軟でいたいと心がけています。

 


Q. 線画も水彩画もとても素敵ですね。近年はどのようなお仕事が多いですか?

A.長い間雑誌と会報誌がメインで、今もそこは大切にしているのですが、ここ数年は絵本、ファッション、文芸や布地のデザインなど、様々なお仕事にチャレンジさせて頂いています。

 

 

Q. 4年ぶりの個展、今回は大変な時期で不安も多かったと思います。実際に開催してみていかがでしたか?また、これからやってみたいことや、目標などをお聞かせください。

A.ニュースで我慢の三連休と流れるのを見ながら、お越し下さいとお誘いする矛盾を感じつつ、実際にギャラリーで皆様とお会いしたら、それはとても楽しい時間だったという複雑なものでした。
今回の個展で技術的なテーマにしていた、水彩表現と線画を引き続き描きつつ、補助的に使っているデジタルがあまりに自己流なので、もう少しきちんと覚えたいと思っています。

常に謙虚で学び続ける小林さんの姿勢が感じられる作品たちでした! 今後の作品も楽しみです!

HBファイルコンペ直接搬入の注意事項

11/14(土)、11/15(日)はHBファイルコンペの直接搬入日!
時間は13時〜18時、時間厳守です!郵送搬入は11/15(日)(当日消印有効)で受け付けさせて頂きます。

http://hbgallery.com/compe.html

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/018aqg110wb05.html

下記注意事項をお読みの上、ご来廊頂きますようご協力よろしくお願いいたします。

 

・発熱、体調不良のご来場お断りします

・マスクのご着用と入口での手の消毒必須

・会場内の人数を6名に制限中、時間に余裕を持ってお越し下さい

・受付以外の会話禁止、滞在時間は最大で15分程度

・付き添い不可、ご来場は応募者のみ

・お問合せはメールのみ対応します

 

坂之上正久個展「家族模様」

今週の作家さんは坂之上正久さんです。HBでは約1年ぶり2回目の個展開催となりました。坂之上さんの描く、表情のない人物画でありながら温かみのある作品たち。個展のための描きおろし作品のほか、小説『またね家族』や朝日新聞『GLOBE』の表紙画の展示も。原画ならではの質感をお楽しみください!

 

 

昨年から、家族をテーマにした小説や、民主主義をテーマにした絵など、優しいイメージを求められる絵のお仕事が続いたという坂之上さん。今回の展示でも優しい雰囲気のある絵を集められたとのこと。オリジナル作品の人物画は、人間関係をイメージして描く場合と、おもしろいと思った構図を先に決めて描き進めていく場合があるそうです。今回は群像画にも挑戦。皆が同じ向きにならないよう意識して描かれたとのこと。淡白にならないよう、ずっと見ていられるような絵にしたかったそうです。

 

 

昨年のファイルコンペ受賞者展後から、教科書の挿絵や本の装画のお仕事など、少しずつご依頼を頂けるようになった、と坂之上さん。家族に関心があり、以前から家族をテーマにした絵を描かれていたそうで、小説『またね家族』(松居大悟著)の装画を担当できてとても嬉しかったとのこと。重松清、宮部みゆき、向田邦子、山本文緒などの小説もお好きだそうです。

 

 

もっとイラストレーションのお仕事をやりたくて個展開催を決めた、と坂之上さん。装画を描くことは今後も目標としているそうです。今後の作品も楽しみです!