HB Gallery

Blog

HB FILE COMPETITION vol.31 鈴木成一賞 POOL個展「SIBLING」

HBファイルコンペvol.31 受賞者展、第4週目の作家さんは鈴木成一さんの大賞を受賞されたPOOLさんです。昨年初めての応募で見事大賞に輝きました。審査員の鈴木さんからは「どこか遠くへ連れて行ってくれる魅力に溢れている」と高評価が。POOLさんの初個展、ぜひお楽しみくださいませ!

 

SIBLINGとは、性別や出生順に関係のない兄弟、姉妹を差す言葉。POOLさんの作品のコンセプトは常に変わらず、国籍や人種、年齢、性差の持ち込まれない、どこかにある景色に立つ群像を描かれています。

 

 

今後どんな景色を見せてくれるのか楽しみです!
HBオンラインショップでは期間限定でZINEの販売、ジークレー作品の販売もスタートしました。
残りわずかですのでお早めにどうぞ。 http://hbgallery.shop-pro.jp

HB FILE COMPETITION vol.31 仲條正義賞 millitsuka個展「インフォダンプ」

HBファイルコンペvol.31 受賞者展、第3週目の作家さんは仲條正義さんの大賞を受賞されたmillitsukaさんです。昨年初めての応募で見事大賞に輝きました。インフォダンプとは、 [一度にはこなし切れないような大量の情報を与えること] という意味。日々、目にする大量の情報から、好きな情報だけを選ぶことのできる喜び。それらを作品を通して表現されました。原画ならではの美しい色彩と世界観をぜひお楽しみください!

 

「farewell」

普段の散歩から作品のイメージを得ることが多いというmillitsukaさん。自分が歩くことによって、風景や状況がどんどん流れていくが、全てを拾っていく必要はなく、気になったものだけを拾っていく贅沢さ。それが散歩を続けている理由だそうです。散歩をすることで、既存の物や状況などを見て初めて自分の意思が生まれる。自分は何が好きなのかがわかりやすく、タダでヒントを得ることができる。制作において無くてはならないものの一つになっているようです。

 

「すべてが見える!」

「天気のday」/「勝手にリラックス」

幼い頃から、夢はイラストレーターになることだったそうです。
元々はデジタルで制作されていたそうですが、展示ではアナログで制作するよう意識されているとのこと。色の美しさや見応え、情報量の多さは原画ならではと感じるそうです。
真っ白なパネルの形には特にこだわりが。自ら木製のパーツを組み立て、1つ1つオリジナルパネルを制作しているとのこと。壁に溶け込むような美しいシルエットが魅力です。原画の色彩は手描きならではの蛍光色もふんだんに使用されています。エアブラシでグラデーションを描くことができた時には、デジタルで描いていたものを自分の手でも描けるんだ!という喜びがあったそうです。

美しい線も手で描かれたもの。「均等なポスカの線が好きなんです」とmillitsukaさん。自分の手で綺麗な線が描けたらという想いは幼い頃からあったそうで、機械に頼らずに自分の素の状態で技術があった方がいいと、今でも常に思うそうです。お仕事で描く際にも、線は手で描くようにしているとのこと。

 

「散歩」/「だれもいない」

「FACE」

現在はお勤めをしながら制作する忙しい日々。いつかは絵一本で…と思うものの、まだまだ先はわかりません、とmillitsukaさん。militsukaさんのこだわりがたくさん詰まった展示は7/21(水)までです!(最終日のみ5時まで)お見逃しなく!

HB FILE COMPETITION vol.31 中村圭介賞 いそべかをり個展「コトと常」

HBファイルコンペvol.31 受賞者展、第2週目の作家さんは中村圭介さんの大賞を受賞されたいそべかをりさんです。今回が初個展となりました。描かれたのは、横断歩道の赤信号や、公園のベンチ、お茶碗に残ったご飯粒、重なるトイレットペーパーなど、日常で何気なく目にする光景。いそべさんが描く線とカタチが、新鮮さをもたらしてくれました。ぜひお楽しみくださいませ!

 

普段から町を歩くことがお好きといういそべさん。そこから得たインスピレーションを元に描かれることが多いとのこと。ふと目にとまった公園のベンチに「人を待っているみたいだな」と、モノにストーリーをつけることで絵の題材が決まっていくのだそうです。

 

 

昨年が3回目の応募。「思いきり線をひいてみたことで、作風が見えたところがある」と当時の制作についてお話してくださいました。応募作に人物画は無く、普段の生活で目にするモノやシーンが描かれています。それでも、審査員の中村さんから「何気ない日常の風景の中に人の気配を感じられる」と高評価が。心地よい余白と構図、いつかどこかで見たことのある風景が、見る人それぞれの記憶を呼び起こしてくれるようです。

 

 

線は鉛筆で、その他に色鉛筆やスクリーントーン、描いたり貼ったり折ったりと様々に。「紙を折ることで、線をひくことと同じくらい表情が出る」といそべさん。絵に奥行きを出したいと思ったことがきっかけだったそうです。一度間違えても、紙を上から貼ったり、継ぎ足したり、上書きしたり。⌘Z(コマンドZ)するように、何度やり直してもいいというラクな気持ちで描くのだそうです。それが今の描き方に繋がったとのこと。

 

 

この作風でのお仕事はこれからだそうで、本の装画はやってみたいお仕事のひとつ、といそべさん。今後の作品も楽しみです!

特別賞展 特別賞5人によるグループ展

今週からファイルコンペvol.31の受賞者展が始まりました!
7月2日から8月11日まで、受賞者の作品を展示致します。第1週目(7/2(金)-7/7(水))は、特別賞に輝いた受賞者5名によるグループ展です。5人それぞれの個性が光る展示をどうぞお楽しみください!

河西達也特別賞 / 原田俊二
鈴木久美特別賞 / 植田陽貴
鈴木成一特別賞 / 早瀬とび
仲條正義特別賞 / 白村玲子
中村圭介特別賞 / 小山義人

 

仲條正義特別賞 / 白村玲子

 

 

鈴木久美特別賞 / 植田陽貴

 

河西達也特別賞 / 原田俊二

 

中村圭介特別賞 / 小山義人

 

鈴木成一特別賞 / 早瀬とび

 

 

HBファイルコンペVol.32の募集もはじまりました!
審査員は、河西達也さん、鈴木久美さん、鈴木成一さん、中村圭介さん、
そして今年からは、アートディレクターの関戸貴美子さんが新しい審査員として加わりました!

応募要項・小冊子はギャラリーで配布しております。ギャラリーでのお申し込みのほか、
PASS MARKETからのお申し込みも受付中です!

 

「HB WORK Vol.3」は、川名潤さん、岡本香織さん、尾崎行欧さん、
そして新たにalbireo(アルビレオ)さんが審査員として加わりました!

 

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012yhaxr51s11.html

↑詳細はこちらから。たくさんのご応募、お待ちしております!

岩切千恵個展「クロロフィル」

今週の作家さんは岩切千恵さんです。HBでは初個展となりました。植物や虫などの小さな生き物をテーマに、もっとも身近にある小さな自然を抽象的に表現されました。涼しげな色彩と表情豊かなマチエールをお楽しみください!

「蓮(ハス)」

カーボランダムとコラージュを組み合わせて描かれた今回の作品たち。工房へ通い版画制作をされていた経験から、当時の試し刷りや未完成の作品が数多く手元にあったとのこと。それらを素材として、新たな作品を作ろうと思ったそうです。「この部分は葉っぱに使えるかも」と様々な紙の破片を組み合わせていく時間は、とても楽しく充実した日々だった、と岩切さん。

「梛(ナギ)」

 

元々、抽象画を好んで描かれていたそうで、今回描かれた植物たちもイメージを優先して描かれたとのこと。2018年頃からは、山田博之さんのイラストレーション塾を受講。はじめの頃は、大きな絵から小さな絵までありとあらゆる作品を講評してもらったそうですが、山田さんに「半夏生」のシリーズを見てもらった際に「抽象でもいいから、好きなことをやってみたら」とアドバイスを頂いたとのこと。今回も具象のモチーフを描いてはいるものの、好きな形になるよう落とし込み表現されました。

 

「半夏生 5」「半夏生 6」「柊黐(ヒイラギモチ)」

 

「半夏生 2」

これまでにリトグラフやカーボランダム、水墨画など、様々な技法で制作されてきたそうで、今回の展示は今までやってきたことの集大成のようなものになったと思う、と岩切さん。お仕事では装画やテキスタイル、絵本など幅広く興味があるそうです。今後の作品も楽しみです!

大滝直子個展「英国グリーンジャケット」

今週の作家さんは大滝直子さんです。HBでは初めての個展開催となりました。高校生の頃、イギリスへ留学された大滝さん。当時の思い出や初めて見るイギリスの新鮮な景色、昨年再び訪れた時の出来事を綴られました!特別な制服、グリーンジャケットを着た当時の大滝さんと、大人になった大滝さんが再び絵の中で出会います。お楽しみに!

「ラブリーラビッシュ」

「コーフキャッスル」

高校姉妹校の希望者でイギリスの高校へ留学された大滝さん。中学生の頃から英語がお好きだったそうで、留学制度のある高校を受験し、実際に現地で学ぶことが出来たとのこと。今回はその当時の思い出や景色、昨年再会した人々を描かれました。

 

「ロンドン衛兵交代式」

「英国グリーンジャケット」

姉妹校の日本の生徒たちと記念の1枚。イギリスの語学学校へは、日本の制服の上に特別な緑色のジャケットを着て登下校していたそうです。留学期間は10ヶ月という貴重な日々。海外での生活はとても性に合っていたそうで、もっと長く住んでみたかったとのこと。

 

「ケンブリッジの二階建てバス」

「ケンブリッジの街並」

昨年、コロナになる2ヶ月前に運良く再びイギリスへ行くことができた大滝さん。ホストファミリーはどこか別の場所へ引っ越してしまい会えなかったそうですが、当時知り合った現地の友達や先生と再会でき嬉しかったそうです。

 

 

会場には大滝さん手作りの絵本の数々も。保育士をしながら絵の活動をされている大滝さん、『おひるねきらい』はお仕事での経験を元に描かれました。元々文章を書くことがお好きだったそうで、8年ほど前から作り始めた絵本。『カーテンがごわっと』は絵本のコンペで三次通過し高評価だった1冊です。体調が悪い時に、風で動いたカーテンを見て閃いたという物語。お留守番をする子どもの不安な気持ちが詩的に表現されています。

いつか絵本を出版するのが目標とのこと。会場ではまだまだ色々な絵本を見ることができますので、ぜひお手にとってご覧頂きたいです!

柿崎サラ個展「Invisible Dog Leash」

今週の作家さんは柿崎サラさんです。HBでは約5年ぶり2回目の個展開催となりました。「Invisible Dog Leash」とは、子供の頃に遊園地で買ってもらった「透明犬の散歩ひも」のこと。昔の思い出のようで違う記憶、現実での出来事のような夢…そんな、どこか曖昧で、印象的なシーンを思い思いに描かれました。クールなタッチとユーモアが心地よい作品です、ぜひご覧くださいませ!

 

「Puppy-Go-Round」

「Invisible Dog Leash」

柿崎さんが幼い頃に見た「透明犬の散歩ひも」の光景。硬いワイヤーで作られたひもを持つだけで、ハーネスを付けた透明な犬を散歩しているかのように見える、ユニークなおもちゃだったそうです。そんな少しナンセンスだけど、愛おしいものたちが今回のテーマ。

「Honey」

「Twilight」

展示タイトルにもなっている「Invisible Dog Leash」という曲が入った音楽のアルバムを作るような、そんなイメージで今回の新作を描かれたそうです。夢の中で起こる不思議なこと。昨日の出来事は現実だったのか、それとも夢だったのか。初めて見る光景なのに、どこか懐かしい気がする…そういうものを描きたかったと柿崎さん。

「Un-Float」

「Snack Time」

 

イラストレーションのお仕事は、連載のお仕事をはじめ、カレンダーや広告、本の装画、雑誌の挿絵など様々。最近では立川で開催された蚤の市 GREEN HOOP MARKET Vol.4のメインビジュアルを担当されました。普段の生活は、深夜まで描いている日もあるそうですが、できるだけ午前中には起きて、気持ちよく1日がスタートできるように心掛けているそうです。絵の具を使う時はできるだけ昼の明るい時間帯にと決めているとのこと。

音楽のお仕事は特に興味があるという柿崎さん。CDジャケットやMVのアニメーションなど手掛けてみたいそうです。今後の作品も楽しみです。

 

 

浅羽容子個展「私的宇宙録」

今週の作家さんは浅羽容子さんです。HBでは約5年ぶり2回目の個展開催となりました。たくさんの別宇宙があるという理論、”マルチバース(多元宇宙論)”に惹かれた浅羽さん。ユニバースとマルチバース、それぞに想いを馳せて描かれました!浅羽さんの原画ならではの重厚な迫力をお楽しみください。

「相転移」

以前から宇宙にまつわるものがお好きだった浅羽さん。個展のテーマに悩んでいたときも、自然と描き初めたのは宇宙を感じさせる絵だったそうです。昨年、宇宙に関する本を読んだ際に”マルチバース(多元宇宙論)”という理論があることを初めて知り興味を持たれたとのこと。知らない世界への憧れ、別のところにも世界があると思うとロマンがあるなと感じ、個展のテーマにしたいと思ったそうです。自分の人生の記録のような意味合いも込め、今回のタイトルを「私的宇宙録」と題されました。

「過保護な3月」

「遠い夏のモニュメント」

アイデアはいつも落書きを描くように描き溜めているとのこと。そこから描きたいものをピックアップをして、さらに発展させて描いていくことが多いそうです。宇宙関連の本を見ていると、そこからイメージが湧いてくることもあるとのこと。

「第五章」

作品作りで常に心掛けていることは、オリジナリティを大切にすること。自分らしさとは何かを模索しながら日々描いているそうです。

「文明」

絵を描くこと以外に、文章を書くこともお好きな浅羽さん。そちらでも成果があがるよう頑張りたい、と目標をお話してくださいました。絵のお仕事が来る来ないに関わらず、これからもずっと描いていきたいとのこと。今後の作品も楽しみです。

マスダカルシ個展 「しんぶんし」

今週の作家さんはマスダカルシさんです。新聞紙を切り貼りして細密に表現された

様々な生き物たちが暮らす楽しくて不思議な世界を、ぜひお楽しみください!!

Q.今回の個展テーマ、又は個展でやってみたかったことをお聞かせください。

A.新聞紙からうまれるいろんな生き物をみなさまに見て頂きたかったので

本当は、壁一面に作品を敷き詰めたかったのですが、コロナ渦で、都内に出向く事が出来なくなって

しまったので、途中から展示方法を変更して準備しました。

また、リベンジしたいとは思っております。

Q.作品を作る上で、心がけていることをお聞かせください。

A.見てくれる方がクスッと笑ってくれるといいなぁ~。とは常に思っています。

小さなパーツを切り貼りしているので、風で新聞紙が舞わないようにも心がけています。

 

Q.普段から力を入れていることなどありましたらお聞かせください。

A.Instagram(最近はTwitterも)は、毎日作品を載せるようにしています。

Q.今後やっていきたいことをお聞かせください。

A.服が好きなので、アパレル関係のお仕事に作品が関われたら。とはずっと思っています。

アニメーションや、絵本づくりもやりたいです。

会期中ギャラリーにて、マスダカルシさんの絵本

『ぼく ここにいるよ』『おおぐいタロー いっちょくせん』もご購入いただけます!

HB WORK Vol.2 審査結果発表!

お待たせしておりました、HB WORK vol.2の審査結果です!(応募総数514名)
たくさんのご応募ありがとうございました。

 

岡本歌織賞・竹田明日香

< 岡本歌織さん コメント>

竹田さんの作品は以前から見たことがあったのですが、
今回応募してくださった1枚目の絵が、今までと雰囲気が変わって見えて目に留まりました。
クラシックで細かい背景と、ヌケのある人物のバランスがとても良くて、
装画になった時のイメージがわきました。

 

岡本特別賞(3名)

野口奈緒子

 

 

金子幸代

 

 

chitose chitose

 

 

 

川名潤賞・芳賀あきな

<川名潤さんコメント>

モチーフ、線の運び方、色彩、構成、どれもどこかで見て知っているはずなのに、
それぞれの選び方と組み合わせ方でここまで新しく見せることができるのだなと
驚きました。その結果として画面に現れている気持ち悪さと気持ちよさの配分が絶妙です。

 

川名特別賞(3名)

3rdeye

 

 

ZHAO WENXIN

 

 

深町マチコ

 

 

 

尾崎行欧賞・丹野杏香

<尾崎行欧さんコメント>

民藝を想起させるかたちと、現代的な新鮮さ、アナログ感とデジタル感、具象と抽象、
モチーフもかたちも対局にあるものが絶妙なバランスで同居しているのが素敵だと思いました。

 

尾崎特別賞(3名)

カチナツミ

 

 

POOL

ワカヤマリダヲ

 

<岡本香織さん最終選考>
カチナツミ、辻本きょうこ、baggy、長谷川海、山里美紀子

<川名 潤さん最終選考>
POOL、早瀬とび、カチナツミ、小林ラン、まいまい堂、南景太
中島梨絵、西村健志、野口奈緒子、大河紀、丹野杏香、ワカヤマリダヲ

<尾崎行欧さん最終選考>
芳賀あきな、長谷川海、早瀬とび、大河紀、ONO-CHAN、Wei Hsuan

 

二次通過者

Airnode Akico あきこ屋 アコル あまやたや チャイク 出口瀬々 eumoo 藤岡詩織 藤安初枝 古川じゅんこ Futaba ゴトーヒナコ 萩結 白村玲子 浜野令子 花村信子 樋口モエ 原田俊二 原口祥絵 原口沙織 鴻奈緒 初谷佳名子 早川洋貴 林タロウ HiThereIllustrates 本間キト  洞智子 ホリベクミコ 井上純二 石原徳人 石渡芙美 一色真由美 いとうあつき 糸井みさ 伊藤由香子 いわがみ綾子 いわさき智沙 JUN KOUSEI 楓真知子 紙谷俊平 鐘ヶ江万里 Kaoll かとう香り かとまり 河合真里 川央ヒロコ けねでぃまりぃ キセサクラ kobatatsu 小泉理恵 近藤麻矢 今野マルコ クボタノブエ 黒崎威一郎 京極あや 前田なんとか 箕輪麻紀子 マナベレオ 松木直紀 松倉香子 松尾穂波 松園量介 millitsuka 三浦由美子 宮下和 宮田実来 ミヤザキコウヘイ 水野朋子 茂苅恵 ムラサキユリエ 村田智佳 生田目和剛 中村一般 ナカオハルカ ネコポンギポンギ 西山遥 オビカカズミ oco おおたはるか 大庫真理 大久保つぐみ 領家明子 花岡幸 さいとうすず 酒井恵理 佐野みゆき サワイ.Y しまだたかひろ シマカワマサシ しのはらえこ 菅原さこ すぎもりえり 鈴木理子 田口実千代 髙田和寛 タカヤママキコ 山本卓実 田澤ウー とみだせな 津田周平 ツルモトマイ 植田陽貴 右近茜 umao うめもときょうこ 渡辺晶子 夜久かおり 山田貴美子 山口ともこ yasu224 yasuo-range

 

 

一次通過者

足立もえか あきやまりか 青山功 東久世 チチチ ダイモンナオ 江口太二 えいいち フジコ ふくおかまこ古田智代 八朔モモ ひだかもと ひらのめぐみ ひろせまな HITO いちかわかおり いちろう 稲葉彩 井上千裕 井上沙紀 石橋瞭 いしいさくら いしさか玲奈 石崎静香 いそべかをり 洵 霍雨佳 加藤千歳 加藤大 かとうまりん kawamaki 川添のどか 見城ダビデ 菊野友美 清沢佳世 小林龍一 kobusi 小玉桃子 小松佑 こみひかるこ 近藤みか Kouchill 久保田美穂 楠萌 Kyouco macco まえじまふみえ 松田学 丸山礼華 丸山紗依 増田いづみ 松浦由佳 mayu ikenoue 三木美沙 ミキテライ みうらあい ミズカミエリカ 森きなこ 森由香里 もとざわひろみ 武者小路晶子 ナカガワコウタ 中村欽太郎 名渡山彩子 NATUMI のなかあやみ 沼田摩耶 越智あやこ 小川麻子 小川清 大石知足 岡田茂 大村タイシ 大島弓枝 OTA Minami 太田丈晴 尾崎千春 笹川路子 佐藤千恵 せいのちさと シバタリョウ しんじえりこ しろた友貴 ソネヨウスケ 須貝美和 砂川はるか 高田昌耶 高橋香緒理 たむらしおり 田室綾乃 田辺麻衣 たざきたかなり 富田茜 としえ とつかりょうこ Tsuin 内堀結友 うにのれおな 渡辺由美(神奈川) 渡辺一美 ヤギエツコ やすだゆみ ヨコウチツカサ 米増由香 米村知倫 米山光