HB Gallery

Blog

野口奈緒子個展「庭にて」

今週の作家さんは野口奈緒子さんです。2年半ぶり、2回目の個展開催となりました。
夏の初めに目にしたという瑞々しい花々と、可憐な女の子を描かれました。ボールペンで描かれた繊細な線の表現が魅力です。ぜひお越しくださいませ!

 

 

今回のテーマは植物と女の子。元々、人物や女の子を描くのが好きだったという野口さん。昨年、植物を描いたことがきっかけで、花を描く楽しさに気づいたそうです。普段から描いている人物と植物をうまく合わせられたらと思い、今回のテーマに至りました。ご自宅の庭に咲いていた植物や、近所の公園に植えられているハーブなど、5~6月に咲いていた初夏の花々を中心に描かれたそうです。
そんな花々を今回は花冠として描かれました。6月にヨーロッパで開催される夏を祝う夏至祭で女性たちがかぶるそうです。次々と咲いては終わる花々と、女の子のふとした一瞬の表情に、儚い美しさが感じられます。

 

「朝ではなく昼でもない」

「雲はなく風もなく」

描かれた女の子はお知り合いの方がモデル。野口さんがお持ちのレースのブラウスを着てもらい、自然なしぐさや表情を捉えたそうです。その日、女の子が編み込みの三つ編みをしていたことでそのまま作品に生かされました。
細いボールペンだけで描かれたモノクロの作品は野口さんの新境地。ご自身でも楽しく描けて、お気に入りの作品だそうです。いつかモノクロ作品だけでの個展もやってみたいとのこと!

 

「光るもの」

「こんなところで」

今回個展をやろうと思ったきっかけは、前回の個展から2年経っていたことと、個展をすればテーマを絞って描けると思ったからだそうです。普段、あれもこれも描きたいと思ってしまうそうで、なかなか枚数が増えなかったとのこと。花冠を描きたいというイメージがわき、テーマがみつかったことがきっかけだったそうです。
装画や挿絵のお仕事など、少しずつ広がってきている野口さん。人物以外にも静物や今回描いた植物などもお仕事につなげていきたいそうです。

 

仲條正義「暮しの手帖」表紙展2 11年~15年 54号~73号

今週はアートディレクター仲條正義さんの展覧会です。2007年から『暮しの手帖』の表紙絵を手掛けられている仲條さん。HBでは約7年ぶりの表紙絵展となりました。仲條さんならではの四季の表現をお楽しみください!

 

 

 

 

 

会場では昨年のHBでの個展をまとめた作品集『PUNCTUM TIMES』も好評販売中!
仲條正義「暮しの手帖」表紙絵展2 は9/19(水)まで。(最終日のみ17時まで)
どうぞお見逃しなく!

 

草野碧個展「Nostalgic」

今週の作家さんは草野碧さんです。HBでは初めての個展開催となりました。
一昨年は、夜の風景画シリーズでHBファイルコンペ日下潤一特別賞を受賞。
今回は、草野さんの幼い頃の写真と記憶を元に80年代をテーマに描かれました。詩人・平岡淳子さんが草野さんの作品のために書かれた詩とあわせてお楽しみください!

 

「夏の光」

幼い頃、たくさん写真を撮ってもらっていたという草野さん。今見てみると、たしかに自分が写っているけれど、その時の記憶はほとんどなく、他人の昔の写真を見ているような不思議な感覚になるそうです。今回はそんな客観性の中で描けたことが面白かったとのこと。フィルム写真のような色彩が、80年代の雰囲気を感じさせます。

 

「すきなひと」

「コック ドゥードゥルドゥー」

これまで好きで描いてきた絵は、人からよく「昭和っぽい」「ほっこりしている」「懐かしい」と言われることが多かったとのこと。それはなぜなのだろう?と考えたとき、幼い頃に田舎に住んでいたことが影響しているのかもと思い、そのルーツを描こうと今回のテーマに至ったそうです。

 

「到着」

「どこまでも」

今回の展示の絵に合わせて詩を書いてくださったのは詩人の平岡淳子さん。草野さんがメールで絵を送り、それを見た平岡さんが詩を送り返してくれる、文通のようなやり取りを約1ヵ月ほど続けられたそうです。詩を読んだときに、自分が描いているイメージとは全く違う観点で言葉が添えられていて、深みがありとても感動したと草野さん。

現在お仕事は、雑誌、装画、企業のメインビジュアル制作、舞台のポスターなど幅広く描かれています。絵が大きく扱われる広告やポスターのお仕事をぜひやってみたいそうです。
幼い頃は絵本作家になることが夢だったという草野さん、現在、絵本第一作目を制作中とのことです。今後益々のご活躍が楽しみです。

 

 

藤井紗和個展 「渇いた地の向こうに -フリーダ・カーロ-」

 

今週の作家さんは藤井紗和さんです。HBでは約3年ぶり2回目の個展開催となります。

今回の展示では、メキシコ近代美術を代表する女性作家フリーダカーロをテーマに、
フリーダが日常的に愛用したもの、身につけていたものなど身の回りのものを中心に描かれました。

フリーダカーロの生きていた痕跡をみつめ、感じた事を藤井さんの独特の描き方で表現された温かみのあるグレイッシュな空間が広がっています。
ぜひお立寄りくださいませ。

 

 

 

「彼女(フリーダ)にとっての体の一部であった服、コルセット、こだわりの感じられる愛用品…
彼女のアイデンティティに触れる事でフリーダの気配を少しでも表現出来たらと思い描きました」と藤井さん。

 

 

今回の個展でフリーダカーロをテーマに選んだのは、現在配布中の当ギャラリーのファイルコンペ募集要項のためにお願いした絵のテーマが「行ってみたい国」ということで、南米や中南米を選び描いていたら、フリーダカーロの資料を多く目にする機会があり、以前、横浜美術館で開催された石内都さんの展覧会で見たフリーダカーロの遺品を撮影した写真展をご覧になったときに、かつて抱いていた生々しくて怖い絵のイメージと、民族性がありつつ西洋的な現代性もあるとてもお洒落さんだったフリーダのイメージのギャップが重なりとても印象的で、フリーダカーロを題材に展覧会をすることを決めたそうです。

 

 

 

3年前の個展ではモノクロームでの展示をされましたが、今回はカラー作品に挑戦されています。

前回の個展では「色はつかわないの?」「カラーでも是非見てみたい」というご意見多くいただき、
「次個展をするならカラーでやってみよう」と決めていたそうです。

 

 

 

 

 

 

装画や、雑誌など、何でも挑戦したいと藤井さん。独特のタッチに加え、色も味方に付けた藤井さんのこれからのご活躍がとても楽しみです。

よく見てみると、ブラシの毛や、注射針と鎮痛剤、内蔵の見えているお人形など、ちょっと怖いようなモチーフも、素朴で可愛らしさすら感じでしまう不思議な空気感を帯びた藤井紗和さんの個展は9月5日までです。
どうぞご来廊ください。 

 

 

仲條正義賞 綾野本汰個展「無題町∞丁目」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、ラストを飾るのは仲條正義賞大賞に選ばれた綾野本汰さんです。
「無題町∞丁目」という町に暮らす住民たちが、レストランで楽しくおしゃべりをして過ごす様子が描かれています。
幕の内弁当が滑り台から落ちてくるアスレチック、 チョコレートフォンデュの温泉、パンの家具屋…などなど、綾野さんのアイデア満載な作品をお楽しみください!

 

 

動物型やユニークな立体のトピアリーの並ぶ緑豊かな住宅地。ここは砂漠の真ん中にあるニュータウン「無題町」という町だそうです。人工的に山を築きオアシスの水を利用し、電気と水を町中に供給しています。ニュータウンの山の頂上には不思議なレストランが建っていて、住民はそこでおしゃべりを楽しんでいます。
人が集まっているところを楽しく描きたいと思った、と綾野さん。それぞれが好きなことをして、自由に過ごしている感じを大切に描いたそうです。ダンベルをしていたり、寝ながらサンドウィッチを食べていたり、皆が思い思いに過ごしています。

 

 

普段から興味のある事をメモしておいたり、絵を描いている時に思いついたことを組み合わせて絵を描いているそうです。描くときはおもしろいかどうかが大事なポイント、と綾野さん。色彩や図形的な面白さと、どんな状況を描くかということ。今回の展示で特に描きたかったモチーフはレストラン、ニュータウン、トピアリーだそうです。それらに綾野さんが面白いと思ったことをたくさん詰め込んで描かれたとのこと。

 

 

昨年のファイルコンペは3回目の応募だったそうです。試行錯誤の段階で、毎年違う絵を出されていたとのこと。色鉛筆で描いたシリーズがたまったので応募しようと思ったそうです。賞に入るとは思っていなかったので本当にびっくりした、と綾野さん。受賞時、仲條正義さんから頂いたコメントに「ともかくこのままで良いです。ありがとう。」と書いてあったことが嬉しかったそうです。
今後は、絵本や漫画の制作も続けながら、挿絵やカット、装画などのイラストレーションの仕事をしていきたいそうです。これからのご活躍が楽しみです。
楽しくて明るくて、フワッと柔らかい綾野本汰さんの個展は8月29日水曜日まで。どうぞお見逃しなく。

日下潤一賞 村田恵理個展「MARBLE」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、第6週目は日下潤一賞大賞に選ばれた村田恵理さんです。
HBでは約3年ぶり、4回目の個展開催となりました。版画とペイントを組み合わせたユニークな技法の作品たち。灯台や船などの夏らしいモチーフと、どこか懐かしく味わい深いタッチをお楽しみください!

 

 

「MARBLE」と題された今回の展示、大理石を思わせる質感が涼しげな作品たち。木版のように、木に墨を塗り画用紙に刷ったものをベースに、白いアクリル絵の具で描かれているそうです。飾るならこんな絵がいいなというイメージを最初に思い描いていたとのこと。好きなカタチをみつけて描いたというモチーフは、建物や車や飛行機など。窓がいっぱいあるものを見ると描きたくなるのだそうです。
HBコンペは今回が11回目の応募。ダメだったら諦めようと思っていたそうで、受賞の知らせを聞いたときは本当に嬉しかったそうです。年に20枚、自信作を揃える作業が自分を成長させてくれた、と村田さん。賞はともかく自分の成長のために描き続けたそうです。ファイルの中で個展をする気持ちで描くといいかも、とこれから応募する方へのアドバイスも。

 

 

2011年にHBギャラリーで初個展をし、イラストレーターとしてスタートした村田さん。今回の技法で描き始めたのは、前回のコンペ応募の1ヵ月前だったそう! 版画ではなく、アクリル絵の具でぺったりと塗った色面構成で応募しようと思っていたところ、「テクスチャをつけてみたら?」とアドバイスしてくれたのは、以前日下潤一賞を受賞された藤井紗和さん。ぺったり描くのをやめて今の版画を組み合わせたタッチをみつけたそうです。それが受賞のきっかけだったと思う、と村田さん。人に絵を見てもらったり、アドバイスをもらったことでタッチが変わったそうです。

 

 

受賞から8ヵ月、ずっと個展のことだけを考えていたという村田さん。今後もまた面白いものをみつけて、タッチも自由に描き続けていきたいそうです。自分が面白いと思うことに取り組んで、それを見て一緒に仕事がしたいと思ってくれる方がいたら嬉しいとのこと。

会場では作品をモチーフにした焼きもののブローチやはし置きも好評販売中です!
村田さんが絵付けを担当されている「山小屋」の作品たち。数に限りがございますのでお早めにどうぞ。
展示は8/22(水)(最終日のみ17時まで)です。村田さんの新境地、ぜひご覧いただきたいです!

 

夏期休廊、オンラインショップお休みのお知らせ

まことに勝手ながら、

8月9日(木)〜  8月16日(木)まで、夏期休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
8月17日(金)以降に順次対応させていただきます。商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

鈴木成一賞 小林夏美個展「Where is my home?」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、第5週目は鈴木成一賞大賞に選ばれた小林夏美さんです。
コンペ初応募で見事大賞に輝いた小林さん、今回が初めての個展開催となりました!
広々とした憧れの風景を、独自の手法で学んだリトグラフで描かれています。お楽しみに!

 

 

絵を描き始めたのはここ1~2年という小林さん。広くて単純で素直な風景に憧れ、絵を描き始めたそうです。実際にある遠くの風景だそうですが、行ったことはなく憧れの気持ちだけで描いたとのこと。描いてみると北の寒い国や水辺の景色が多く、自分が憧れている場所はそういう場所なんだ、と描いているうちにわかったそうです。大学時代はインテリアを学ばれ、その後は造園屋さんでお勤めをされていたそうです。植物の単純で素直な性格が好きなところ、と小林さん。それを大きくした原風景も、単純で素直なものだろうと思い、えがく絵が見えてきたのだそう。

 

 

技法は、独学で学んだというリトグラフです。工房には通わず自宅で絵を描きたいという気持ちから、動画サイトにアップされている、自宅でできるリトグラフのフランス語動画を見よう見まねで実験そうです。2歳のお子さんをもつ小林さん。子どもができたら絵を描きたいと以前から思っていたそうで、最初は植物の細密画の教室に通われていたそうです。しかしあまりにも大変で、もっと自分に合う技法がないか探したところ、現在の手法にたどりついたそうです。

「版画の偶然性が好き。子供が寝静まってから夜な夜な刷り遊んでいた」と小林さん。

受賞の知らせを聞いたときは、信じられなくて本当に自分のファイルが選ばれたのか、すぐにギャラリーに確認をしに来たそうです。今もあまり信じられない…と小林さん。描き始めたばかりだったことから、応募する時点で作品が15点しかなく、自信もなかったとのこと。けれども、ファイル形式で見せるコンペが自分の作品に合っていたのかも、と今では思うそうです。初めてイラストレーションのコンペに応募された小林さん、HBのコンペは1次〜最終選考まで発表があるため、自分がどこに入ることができるのか、見てみたかったという気持ちが強かったそうです。

 

今回展示された作品はほとんどが新作。たくさん描いてきた方々に太刀打ちできない…という気持ちで、個展までにとにかくたくさん絵を描いたそうです。 絵を仕事にしたいと思い応募したコンペ、ご自分の絵が本や印刷物になった姿を見てみたいとのことでした。生涯に一冊は絵本を出版したいそうです!今後が楽しみな小林さんの初個展、ぜひお越しくださいませ!

 

副田高行賞 西山寛紀個展「Ordinary Days」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、第4週目は副田高行賞大賞に選ばれた西山寛紀さんです。
昨年の初個展から、約1年ぶり2回目の個展開催となりました。色とりどりに綴られた、心地よいふとした瞬間を切り取った日常のワンシーンをお楽しみください!

 

 

今回展示されたのは、昨年4月に開催された個展「PARTS OF DAYS」から、地続きで描いていたテーマを発展させた作品たち。朝起きて窓から差し込む光だったり、いつものコーヒーを飲んだり、単純なデスクワークをしたり…と、ありきたりな普通のことが絵を通すことでまた生き生きと見えてくる。それらがどういう色と形で視覚化できるのかを探っていったそうです。西山さんご自身にとって、絵を見る喜びや描く喜びは生きていくことにフィードバックし生活を生き生きとしていくものであり、循環していくものだと思ったそうです。日常を肯定する日常讃歌であり、晴れた日の季節の匂いなど、些細なことが絵を描く動機になるとのこと。

よく深夜にサイクリングをするそうで、夜ならではの光と影の見え方に、昼間には見えてこなかった形が浮かびあがる面白さがあるそうです。想像力がかきたてられ、絵にインスピレーションを与えてくれるとのこと。今回の新作にも深夜のサイクリングから生まれた作品があるそうです。

 

 

コンペは3回目の応募。テーマは変えずに前回応募した作品からイメージをふくらませ、新旧混ぜた作品をファイリングされたそうです。同じ作品でも、別の1枚があいだに入ると何か違った作品に見えることから、連動を確かめながら順番を考えたとのこと。受賞するとは全く思っていなかったそうです。前にウケたからこれを描けばいいという気持ちではなく、今から描こうとしているものに対していかに自分が新鮮に感じているか、発見があるか、そこを大事にしないとダメ、と西山さん。その実感があると次のトビラが見えてくるのだそうです。

 

 

今年の春頃からお仕事の依頼が来るスパンが短くなってきたそうで、お忙しい日々が続いているとのこと。ライフワークとして描いていた絵が、日常をテーマにしたクライアントのお仕事に繋がったことが特に嬉しかったそうです。

今後も自分が素敵だなと感じるものに関わっていきたいと、西山さん。特に音楽、生活、ファッション…など日常に寄り添って心を活気づけるもの。また、いい活動をしている人たちのことを、視覚的な面でハッとするもので広く人に伝えたい、そんな想いもあるそうです。描きたいという気持ちの前に、まずは色々なものを知りたいという気持ちが強いそうで、素敵なものを見てうっとりする気持ちや、それらを肯定する気持ちから絵が生まれ、結果的に絵を描いている、と西山さん。出会ったもの、これから出会うものが今後の西山さんの絵に影響していくようです!

 

永井裕明賞 矢野恵司個展「Face Landscape」

HBファイルコンペvol.28の受賞者展、第3週目は永井裕明賞大賞に選ばれた矢野恵司さんです。
初めての個展開催となりました。TIS公募展でも大賞を受賞するなど注目の作家さん!
ファイルコンペでは顔のシリーズで見事受賞、そこから発展した全身シリーズや時代ものを描いた新作をお楽しみください!

 

 

1年半ほど前から顔のシリーズを描きはじめたという矢野さん。手描きで描いた後、パソコンに取り込み加筆。その絵を出力した後また加筆し…と、最終形にいたるまで何度も作業を繰り返すそうです。何かひっかかりのある顔になるよう、眉を無くしたり髪型を変えたりしていくうちに、はじめに描いた顔からは離れていくとのこと。どの顔もモデルがいるそうですが、完成時には別の表情や人格があらわれ、実在はしないけれど、どこかで出会ったことのあるような不思議な存在感があります。

 

 

幼い頃から絵を描くのが好きで、画家のおじいさまが開いていたデッサン教室で絵を学ばれていたそうです。名画を見せてくれたり、夜中に一人で絵をコツコツと制作している姿を見て「自分もいつかこうなりたい」という憧れの気持ちがあったそうです。大学は東京藝術大学へ進み、彫刻や解剖学を研究。学生時代から描きたいものはたくさんあったそうですが、技術が追いつかずジレンマがあったそうです。卒業後は任天堂へ就職し、キャラクターデザインや3Dモデリングを担当。そこでさまざまなツールを学び、技術面がついてきたことが現在のタッチに繋がるきっかけになったそうです。

 

 

能や歌舞伎、仏像がお好きな矢野さん、学生時代は能面を作っていたことも。矢野さんの絵に通ずる、左右対称や無表情なところ、焦点を少しはずし鑑賞者と目を合わせないようにしているところなど、技術面で参考にしているそうです。造形的なその人らしさだけを抽出することで、顔の形の面白さや、おかしさを見てもらいたいという想いがあるそうです。

 

 

イラストレーションのお仕事も少しずつ増えている矢野さん。興味のある時代物や、ファッション関連のお仕事もぜひやってみたいそうです。ふだん描かないものも、お仕事で描いてみると絵の幅が広がり喜びがあるとのこと。今後、幅広い分野でのご活躍が楽しみです!