HB Gallery

Blog

カクタミチコ個展「ブルカニロ博士のことば」

今週の作家さんはカクタミチコさんです。HBでは2003年以来、14年ぶり6回目の個展開催となりました。
今回はカクタさんの故郷、岩手県花巻市出身の作家・宮沢賢治をはじめ、トルーマン・カポーティ、アン・リンドバーグ等、好きな作家の物語からイメージを広げて描かれました。自由で力強い色彩とタッチをお楽しみください!

 

岩手・花巻1970年頃のイギリス海岸(宮沢賢治が名付けた北上川の一部の岸辺)

 

1992年に絵のお仕事をはじめたカクタさん。同年にHBでの初個展を開催し、当時は切り絵のタッチで作品を発表されました。その後は2~3年おきの個展開催、タッチも徐々に変化していき、筆での表現や木に描いたりとさまざまな手法で制作を続けられています。

 

ジョン・スタインベック著「赤い子馬」より”大連峰”

 

宮沢賢治「ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記」より”サンムトリの噴火”

 

今回の作品はすべて、本を読みながら描いていった作品たち。ご自宅の近くに小さなアトリエを借り、20年以上通い続けているそうです。1日中絵を描く日もあれば、お掃除をしたり、昼寝をしたり、何もしなかったり…と、思い思いに過ごすそうです。

花巻ご出身のカクタさん。宮沢賢治は子どもの頃から身近な存在だったそうですが、大人になってから読んでみるとより好きになったとのこと。どの作品も、読後の頭の中に浮かんだイメージを、そのまま写し取るように描かれた迫力のある作品たち。何にも縛られることのない自由な描き方が新鮮に感じられる展覧会でした!

 

トルーマン・カポーティー著「ダイヤのギター」

 

宮沢賢治「虔十公園林」

 

高杉千明個展「Innocence」

新年最初の展示、今週の作家さんは高杉千明さんです。HBでは初めての個展開催となります。
うつむき加減な女の子、一人本を読む女の子、マスクをした女の子…など、制服姿の繊細な年頃の女の子たちが描かれました。彼女たちの内に秘めた感情が伝わってくるような作品たち。ぜひ原画をご覧いただきたいです!

 

 

今回のテーマは、子どもでもない大人でもない年頃の女の子たち。描いているのは現代の女の子だけではなく、どこか大人になりきれていない自分自身を重ねている部分もあるそうです。実際に中学2年生の娘さんをお持ちの高杉さん。お子さんから聞く学校での出来事や同級生との関係、スマートフォンを持たざるを得ない現状…など、現代の子どもたちの大変さを感じるそうです。友人関係、進路、部活、家庭のことなど、さまざまな事情をかかえた難しい年頃の内面が丁寧に描かれました。

 

 

高校時代から人物を描く事が好きだったという高杉さん。大学に入ってからは彫刻や塑像、人物デッサンに力を入れていたそうです。仲のいい先輩と交代で裸婦モデルをつとめ、お互いに描き合っていたことも。その頃の経験が今の制作に役立っているなと感じるそうです。高杉さんの絵には影の描写や風景の描写はほとんどありません。学生時代の制作が、今の作風の原点の一つとなっているようです。

 

 

これまでずっと人を描くことと向き合ってきた高杉さん。絵のお仕事では人物、動物、モノなどあらゆるものを描くそうですが、今後は今回展示したような作品のタッチでも装画や挿絵を描いてみたいとのことでした。今後のご活躍も楽しみです!

 

冬期休廊、オンラインショップお休みのおしらせ

まことに勝手ながら、

12月29日(木)~ 1月5日(木)まで、冬期休廊とさせて頂きます。

それに伴いまして、HBオンラインショップの発送業務もお休みさせていただきます。
休廊期間中にいただきましたご注文やお問い合わせについては、
1月6日(金)以降に順次対応させていただきます。

商品発送は1月7日(土)以降となります。商品到着が遅れますことご了承くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

牧野伊三夫展 HBno.15

毎年、ラストの展示は牧野伊三夫さん。今年もこの時期がやってまいりました。

暮れの楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

新作の絵画や版画に加え、彫刻の展示も、どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

さらに、初の料理本「かぼちゃを塩で煮る」¥1300-も発売中!サイン本は数量限定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

牧野さんの個展は、28日水曜日まで!2016年ラストの展示にぜひお出かけください!

 

 

HBファイルコンペvol.27 審査結果発表!

HBファイルコンペvol.27 審査結果が出ました!

応募総数631人の中から大賞6名、特別賞6名が選出されました。
受賞者の皆さんおめでとうございます!受賞者展は来年の夏に開催されます。どうぞお楽しみに!

 

日下潤一賞 竹内みか

<日下さんコメント>

副田高行氏がカワイイって。私にはフシギな絵。
どれにも遊園地の名前がついている。
古いものか自作なのかなんだかわからない、ぬいぐるみのようなもの。
デッサンがしっかりしている。テーマが独特で作品に一貫性がある。

 

 

 

 

日下潤一 特別賞 草野 碧

 

 

 

 

 

 

鈴木成一賞 椎木彩子

<鈴木さんコメント>
モチーフこそ単純ではあるが、そこから様々に想像力を刺激する。
画面の力強さと色彩の豊かさがそれを支えている。音楽系の仕事が多いのも肯ける。

 

 

 

 

鈴木成一特別賞 山浦のどか

 

 

 

 

 

 

副田高行賞 原 裕菜

<副田さんコメント>
男は、なにしろ新しいものを選ぼうと思った。
この絵は、新しいのか?ほんとの所、男にはわからなかった。

 

 

 

 

 

副田高行特別賞 SKY STAMP

 

 

 

 

 

 

仲條正義賞 マメイケダ

<仲條さんコメント>
瓦屋根の板囲いの倉庫の作品が好きです。
右奥の建物もいいし手前の道が又いい。
緑の山も(前に建物のある)好きです。小細工しないところがいい。

 

 

 

仲條正義特別賞 中村 隆

 

 

 

 

 

 

永井裕明賞 宮嶋結香

<永井さんコメント>
とにかく、見ていて気持ちがいい。
身体を動かして、鼻の頭に絵の具が付いていても気にせずに描き続けている
なんてことを想像してしまう、力強くでもオシャレなイラストレーション。

 

 

 

 

 

永井裕明特別賞 高橋 潤

 

 

 

 

 

藤枝リュウジ賞 永井久美

<藤枝さんコメント>
群像の捉え方、新鮮に感じた。懐かしい運動会の情景ですが、
意外なほど素直に魅かれてしまいました。おめでとうございます。

 

 

 

 

藤枝リュウジ特別賞 谷端 実

 

町田かおる個展「旅行記」

今週の作家さんは町田かおるさんです。

HBファイルコンペvol.23では仲條正義さんの特別賞を受賞。今回が初めての個展開催となります。
今年の春に海外旅行をされた町田さん。ロシア・チェコ・ドイツ・ オランダで、見たり触れたりしたものを
黒のボールペン1色で描かれました。カタチや構図、デフォルメの楽しい作品たち、ぜひご覧いただきたいです。

 


ドイツ・ワイマールにある、ハウス・アム・ホルンという実験住宅を見に行った際の1枚。
その日は休館だったそうで、敷地を取り囲む柵越しでの見学となったそうです。
町田さんの気持ちが伝わってくるような、すこし寂しげな1枚。

 

 

つぎはぎの紙に描かれた大判の作品たち。
古紙のようなシワや染みのある紙は、町田さんのオリジナルの紙です。
どこかから発掘されたかのような、ユニークな質感。

 

 

壁一面に旅先で見つけたカタチたちがずらり54点。

 

現地で採集した植物や鉱物の展示も。44日間の旅の思い出がたくさん詰まっています。

これまで勤めていたデザイン事務所を離れ、今年の6月からフリーランスとして活動をはじめた町田さん。

イラストレーションのお仕事とデザインのお仕事の両方で活動していくのが目標とのことで、今後は装画や挿絵など、書籍のお仕事もやってみたいそうです。これからのご活躍が楽しみです。

そんな町田さんの門出となる初個展、ぜひお越しくださいませ!

 

HB塾第2期生 募集のお知らせ

2016年10月よりスタートしました「HB塾」、
第二期生の募集が決定いたしました。

この塾は、イラストレーターとしての扉を開けながらも、
入り口で立ち尽くしている人のためのスクールです。
次のステップに進みたいという方々、ぜひご応募ください。

ご参加をご希望の方は、内容をよくご確認の上
ご応募くださいませ。

 

※クリックで拡大・ダウンロード用データにジャンプします。

HB塾開講のお知らせ

 


募集要項PDF

 

お問い合わせ先:HBスタジオ 白村
hbc@viola.ocn.ne.jp

海谷泰水個展「ものがたりの絵」

今週の作家さんは海谷泰水さんです。HBでの個展は約6年ぶりの開催となりました。
今回は誰もが知っている日本の昔話や世界の童話を、海谷さんならではの温かいタッチで描かれました。
桃太郎になれる顔ハメパネルや絵巻ものの展示など盛り沢山! ぜひお立寄りくださいませ!

『ものがたり絵巻』の一部

以前から、色々な物語を混ぜた絵を描いてみたかったという海谷さん。老若男女みんなが知っているもので楽しんでほしい!という気持ちから、世界中の物語をテーマに描かれました。あらゆるお話が一堂に登場する『ものがたり絵巻』は、みんなが同じ国に住んでいるかのようです。隅々まで見逃せません!

民芸の絵物語『つきしま かるかや』の、素朴なゆるさが大好きという海谷さん。いつか自分もこういうものが描きたい!と憧れていたそうです。そんな想いが今回の作品につながりました。海谷さんの純粋なタッチに心がほどけます!

『誕生!桃太郎』

桃太郎になれる顔ハメパネルは、海谷さんご自身が顔ハメをしたくて作ったのだそう!
お客さんに楽しんで帰ってもらいたいという気持ちも込められています。ぜひ撮影スポットにどうぞ!

『舌切り雀』

『シンデレラ』

わら半紙やダンボールに描いたり、マーカー、オイルパステル、色鉛筆など画材も様々なものに挑戦されました。繊細な優しいタッチもあれば、ぐいぐいと力強い線で描かれた作品も。海谷さんの自由な表現が楽しい作品たちです。

会場では、海谷さんの1点もののオリジナルグッズや、新刊絵本『みんなともだち』も好評販売中!キャラクターの心理描写や表情が見事に描かれています。ぜひ多くの方に読んでいただきたい1冊です!

海谷泰水個展「ものがたりの絵」は14日(水)17時までです。お見逃しなく!!

山本直孝個展「中世に迷い込んだ紳士たち」

今週の作家さんは山本直孝さんです。HBでの個展は約12年ぶりの開催です。
広告やパッケージ、挿絵など幅広くご活躍中の山本さん。
今回の作品は、なんとすべてマスキングテープで描かれています!
模様入りのテープはほとんど使用することなく、洋服の柄もすべて山本さんの手作り。
会場には虫めがねも設置! 隅々までじっくりとお楽しみください!

 

 

これまでは線画のタッチや、絵具のタッチで長年お仕事をされてきた山本さん。
元々は奥さんのコレクションだったというマスキングテープに着目し、4年ほど前からお仕事の合間に趣味で描いていたそうです。絵具で描くことも楽しいけれど、何かが違う…と感じていたそうで、マスキングテープの方がより自分に合っている画材だと気づいたそうです。使い始めは扱いに苦労したそうですが「でも、出来そうだな!」という気持ちの方が大きく、試行錯誤しながらも描き続けたそうです。描いていくうちに、マスキングテープのタッチでも仕事の依頼が来るように。そこから「この絵なら個展をやってみたい」と思い、今回の久しぶりの個展開催につながりました。

 

 

広告や男性ファッション雑誌、ビジネス雑誌等でスーツ姿の男性を描くことが多いという山本さん。
そんな、普段から描いているモチーフで、個展としておもしろく見せるにはどうしよう?というところが今回のテーマの起点となりました。スーツを突きつめていくと、昔の中世の人の服装や、トレンチコート(=兵士のために作られたもの)に繋がり、戦争や聖書にまで辿りついたそうです。作品には、王様と現代のスーツ姿の男性が一緒に登場する場面も! ユニークなアイデアが光る作品たちです。

 

 

昨年から今年にかけて、山本さんが表紙を手掛けられたNHKテキスト『ラジオ英会話』の原画も一堂にご覧いただけます!
お仕事に繋がったきっかけは、ファッション誌『MEN’S Precious』で描いた人物のイラストレーションを、NHKテキストの編集の方が書店で見てくださったとのこと。10年程前、山本さんはNHKテキスト中面の挿絵を描くご経験があったそうで、いつか表紙を描きたいと思っていたそうです。その夢が実現し、1年間山本さんのイラストレーションで彩られました! こちらもすべてマスキングテープで描かれています。

 

 

細かい作業ではありますがお仕事にもばっちり対応可能とのこと。印刷になってもテープを重ねた凹凸感や、切り口のやぶれ感など表情豊かです。今後も、このタッチを楽しんで見てもらえるよう続けていきたいそうです。他にもまだまだやれることがありそうだな、と山本さん。今後の作品も楽しみです!

速報! HBファイルコンペvol.27 一次通過者発表!

速報! HBファイルコンペvol.27 一次通過者発表!

先日行われた審査で、301名が一次審査を通過しました、お名前は順不同、継承略です。

最終の審査結果の発表は、年末に行います!どうぞお楽しみに!

 

仲幸吉  大澤杏  小川メイ  山口法子  合田里美    林けいか  森豊  領家明子  藤井紗和 大川裕子  原口祥絵  宮嶋結香

古屋智子  colimo  小林マキ  谷口綾  高杉千明  北原明日香 国崎正美  太田裕子  anata  長光雅世  南景太  鈴木恵美

コニシマキコ  竹内みか 中村隆  yutaokuda  辻本そう  ワタナベモトム  MikuTsuchiya  佐々木まどか  村田なつか  平井利和

原裕菜  高井雅子  宮入のあ なかむら葉子  大村タイシ  新目恵  秦直也  上山拓次  金本久美子  椎木彩子  坪井一  右近茜

石橋謙一 本田アヤノ  銀杏早苗  田辺俊輔  高柳航  田口実千代  酒井恵理  マメイケダ  SKYSTAMP  山浦のどか

竹中ゆみ子 小山義人  末次麻衣子  高橋麗子  八朔モモ  白村玲子  TaizoMatsuyama  オビカカズミ  水谷有里  金子真理

おぐまこうき  桑原紗織 浅野みどり  黒崎威一郎  熊木まりこ  ヤマダユウ  きくちまる子  大塚文香  友田シトウ  伊藤健介

MONKYSTUDIO  平尾直子  夜久かおり  西村隆史 木庭啓介  石原可月美  永井久美  柿崎サラ  茂苅恵  箕輪麻紀子

ユンボム  大久保つぐみ  伊藤ジユウ 丸山一葉  瀬頭陽  かわむらともみ  タムラヨウイチ  前田泰子  竹島さとみ  保安敏将

鈴木智子  根木悟  村田恵理  田尻真弓  三宅崇之  篠本映  二十果  扇谷みどり  谷端実  やまぐちともこ  太田丈晴

ムラサキユリエ  小川清  oco  池田彩香  初谷佳名子  鈴木萌子  西山寛紀  川崎真奈  乙井順  根本篤志  大地咲穂  堀川直子

竹内巧  袴田章子  井上望  澤井奇癖  坂内拓  近藤まや  戸屋ちかこ  MONKNORI  竹浪音羽  大木貴子  平岡瞳  松倉香子

石井理恵  ウエタケヨーコ  サイトウマスミ  おぎわら朋弥  遊   朝光ワカコ  ユキミヤ  石田正明  おさだかずな  原論子

むらもとちひろ  北村美紀  三浦由美子  草野碧  ノブカネユミ  ゆ  寺門朋代  高橋潤  てぃー  坂之上正久  田中麻子

田中海帆  高橋祐次  小山萌江  猫屋  鈴木理子  佐藤昌美  和田治男  川島慎平  山下アキ  小沢信一  町田かおる

ハシグチハルカ  遠野あかり  白井菜摘  三山ガリ  岡田みそ 加藤正臣  キタサコクミコ  小川京子  木村友美  大野博美

さとみけいこ  しらいしののこ  前神慎一  サトウあこ  中島早希  金子幸代  9taro  野田奈津美  カワシマナオト  杉目史

町田早季 さいとうよしみ  藤原なおこ  ハヤシアカネ  井上亜矢子  umao  新井眞美  辰巳菜穂  清水厚史  ダイモンナオ

イワウチマリコ  橋本裕子  木村優子  しんやゆう子  まいまい堂  井田享子        毛利みき  eto  津村紀三代  大沢浩一

杉本鉄郎  土井駒子  箕島恵美  小島文子  岡田真紀  山口ユリエ  榎本マリコ  楓真知子  菅原毅己  有田まりん  田中光枝

佐藤右志  テラシマサトル  立花満  大多和琴  岡野茜  白尾可奈子  サカイヒトミ  濱崎仁精  奥山ひかり  神﨑遙

ルミリンネ  チャイク  京極あや  丸岡京子  玉川桜  桜餅シナモン  高田和寛  小林ラン  ひぐちまさこ  石崎静香  庄野紘子

有馬級子  とつかりょうこ  平のゆきこ  Tsuin 長州忠  かとまり  もとすぎやよい  モリヤヒデノリ  北島淳一  松井晴美

かざまりさ  古川織江  織田美涼   熊谷奈保子  辻響子  尾崎千春  石川ゆかり  下川裕明  村山永子  サイトウタカヒコ

ナカライカオル  川嶋恵津子  糸井みさ  オオヒロヨーコ  島津香里  ハマダワカコ  本田晴子  宮前伊津子  すぎもりえり

きりたにかほり  北﨑英   仲村直  西山愛香  春日井さゆり  banana5  渡辺由美 アキナガユウ  浅見陽子  うめもときょうこ

松尾布祐子  ますこひかり  山口夕希子  楠木雪野  髙橋亜紗子  伊藤祥子 ナガノチサト  綱川真咲子  くのまり  福田玲子

三嶋さつき  RUMINZ  ラテ  生駒さちこ  しまだたかひろ  富田茜  松原光 宇都木チエミ  頼ユウコ  工藤由紀子

ほりはたまお  諸戸佑美  岡崎勝男  高尾斉  太田侑子